FXは日本語で外国為替証拠金取引、もしくは、外国為替保証金取引といいます。ですので、基本的に
保証金と証拠金と呼び方が違うだけです。これらがFXのレバレッジ効果のベースとなります。


証拠金(保証金)をFX会社に差し入れることによって、実際の投資金よりも何倍も大きい金額の外貨を
売買できるのです。これがFXの投資効果が高いとされる仕組みです。


こういたレバレッジをかけて取引できるのは外貨商品の中でもFXだけです。FX以外の外貨商品、例え
ば外貨預金や外貨MMFなどの場合は、手持ちの資金以上の外貨を運用できません。


もし仮に、1ドル=90円のときに手持ちの資金が10万円しかない状態で運用できる外貨は1100ドル
程度です。当然のことながらこれ以上に大きな金額を取引することはできません。


一方、FXは手持ちの資金を証拠金として預けることによって、実際の運用資金の何倍もの額の外貨
を取引できます。(今現在FX会社によって400倍までレバレッジを高めることができます。しかし、
来年以降はレバレッジが25倍までに制限されることがすでに決定しています。)



例えば1ドル=100円のときに100万円で外貨預金を始めた場合は、1万ドル分のドルを購入できま
す。そして、1円円安になれば1万円の利益となります。しかし、手数料が片道で1ドルありた20銭
から1円程度かかりますので、相当円安が進まないと利益になりません。


しかし、反対に1円円高になると1万円の損失となります。一方、FXで100万円を証拠金として預けて
10万ドル取引したとした場合は、レバレッジを10倍かけたことになります。



この状態で1円円安になると10万円の利益がでます。反対に1円円高になれば10万円の損失を被り
ます。しかし、同じ条件で1回の売買で10万円の利益をだすことがFXであれば十分可能なのです。
繰り返しになりますが、投資効果の高さはFXが外貨商品の中では一番です。

 カテゴリ
 タグ