基本的に短期売買で勝率にこだわる必要はありません。かえって勝率にこだわると一回あたり取れる
利幅が必然的に小さくなりますので、トータルで利益がだせなくなります。


為替ディーラーでさえも実際の勝率は5割〜6割程度といわれています。そうしたプロと称される方でも
長期間にわたって為替ディーラーとして活動できる人は少数に限られているのです。

 


実際にFXのうな為替取引では大きな損失を出さないことの方が重要なので、大きな失敗をしないため
にも、小さく負けるのが基本となります。我々個人投資家はルールに縛られず自由に取引できます。


ディーラーは最低のポジションは1本=100万通貨単位です。米ドルであれば100万ドルです。取引量
多いため、勝率にこだわると、仮に大きな損失を被るものなら大変なことになってしまいます。


このため、ディーラーには厳しいルールが設けられていますので絶対に守らなければなりません。例え
ば、一日に取れるポジションの量を決められています。また、ポジションを持ち越すことも厳禁です。


 

調子にのって、大きなポジションを取ってしまい、相場が反転したときに大きな損失を被ることになります。
ですので、ポジションを抱えたまま帰宅すると、帰宅中に相場が大きく動けば大きな損失を被ります。


そうならないためにも、色々と厳しいルールを設けているわけです。そういった姿勢を見習って、できるだ
け損失を抑えるためのルールを作成したうえで、それらに忠実に取引する必要があると思います。 

 カテゴリ
 タグ
FX