余裕資金でFXを取引するのが基本ですが、急な入用でどうしてもお金が必要になることがあります。
「結婚式の二次会に人数が足りないからどうしても来てくれ」といった具合に頼む方は頼まれる人の
ことを全く考えませんね。しかも給料日前だったりするから憂鬱になります。(´_`。)


そうした場合は、預けている証拠金の出金を行うわけですが、基本的には出金可能な範囲内で出金
以来を行うことができます。だいたいどこの取引会社でも同じようなルールが設定されています。


出金以来をすると、取引口座を開設したさいに指定した銀行口座に振り込まれます。ちなみに当サイト
が推薦させていただいているサイバーエージェントFXの場合は二つの方法があります。


まず一つは「リアルタイム出金」です。リアルタイム出金」は、出金依頼金額が100万円以内で、なお
かつ、出金依頼をAM8:50〜PM14:30までに出金依頼すると、取引口座を開設したさいに登録した
出金口座に出金されます。ちなみに出金依頼が反映されるのは15分程度かかるそうです。


そして、もう一つが通常出金です。通常出金の依頼に関しては受付は24時間おこなっていますが、
出金は2営業日以内となっています。ですので、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。


しかし、よほどのことが無い限りは通常出金で十分です。ただし、土日、祝日、年末年始など休日が
重なる場合は十分注意しなければなりません。人によっては利益をコンスタントにだせるようになる
と利益をそのまま再投資せずに出金して資産を確実に増やしています。


たしかに、再投資にまわして取引すれば、さらに大きなポジションを取って取引することができますが、
大きくやられるときにはとてつもなく大きな損失を被りますので注意が必要です。
 カテゴリ
 タグ