基本的にFXを取引できるのは、ウェリントン市場が営業開始し、ニューヨーク市場が終了するまでの
間です。日本時間では月曜日の明け方から土曜の明け方まで取引することができます。
 
 
そして、その時の終値と月曜の始値が一致しない場合があります。取引するにあたって疑問に思わ
れている方も少なくないと思います。世界各国の通貨が取引されている外国為替市場は、株のよう
に証券取引所がありません。市場とはいっても建物自体が存在しないのです。
 
 
また、FXは取引会社と個人投資家の間のやり取りとりによって取引されます。これを相対取引といい
ます。 意外に思われるかもしれませんが、世界で一番取引量が多いのがロンドン市場す。


その次がニューヨーク市場で、東京市場に続きます。しかし、繰り返しになりますが、外国為替市場は、
取引するための市場自体は実際には存在しません。各市場を取引されている時間帯をさすだけです。
 
 
ですので、仮にマーケットが営業していなくても銀行間同士の取引は実際に行なわれているのです。
実際に中東の地域では、宗教的な理由からか、土日も取引が行なわれています。


中東地域ではご存知のとおりテロがや、内乱が多い地域での生まれた場合は、地政学リスクが浮上
すると大きく動く時もあります。一方、基個人投資家は土日に取引することはできません。


しかし、驚くべきことに大口の機関投資家は土日でも取引を行っている場合もあります、繰り返しに
なりますが、世界中の銀行同士の取引は、土日も行なわれていますこういった理由により、週末に
つけた終値と週明けの始値が異なるのです。この点に注意する必要があります。
 カテゴリ
 タグ