ユーロについてのカテゴリ記事一覧

FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:ユーロについて

ユーロについてのカテゴリ記事一覧。FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。
No Image

ユーロについて
【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」外国為替市場では米ドルについて取引量が大きいユーロですが米ドルの動きに大きく影響されます。そして、その動きが各国…

記事を読む

No Image

ユーロについて
リーマンショック以降、金融危機が急速に世界中に広がり、一時期回復に向かったのですが、ギリシャやポルトガル、スペインなどのユーロに加盟する南欧諸国の財政悪化問題…

記事を読む

No Image

ユーロについて
欧州中央銀行(ECB)は2008年の初頭までインフレリスクで頭を悩ませていました。当時は米国の金融当局が政策金利を断続的に追加利下げするのを横目に政策金利の利上げする…

記事を読む

No Image

ユーロについて
余裕資金でFXを取引するのが基本ですが、急な入用でどうしてもお金が必要になることがあります。「結婚式の二次会に人数が足りないからどうしても来てくれ」といった具合…

記事を読む

No Image

ユーロについて
米ドルは、いうまでもなく米国の通貨です。我々日本人にとって一番馴染みのある通貨です。実際に米ドルは世界の3大通貨の一つで、一日の外国為替市場で取引される量はダ…

記事を読む

No Image

ユーロについて
ギリシャ問題が深刻化するにしたがってユーロ売りが加速しているえわけですが、同時にドル売りも加速したため、円安に向うと思いきや長期的な円高が依然としてつ続いてい…

記事を読む

No Image

ユーロについて
 ギリシャのデリバティブ関連の負債が当初予想していた以上に深刻なようです。このためPIIGS問題が今後大きく拡大することによってリーマンショック以上に金融危機…

記事を読む

No Image

ユーロについて
 まず、スワップポイントを狙ったFX取引の利点は、ポジションを建てたらそのまま長期間に渡って保有するので頻繁に売買を繰り返す必要がないため初心者の方でも比…

記事を読む

No Image

ユーロについて
外国為替取引は通貨と通貨を交換する取引です。この点が株取引などと大きく異なる点です。例えば実際の株式投資の世界では株価が同じであってもソニーの株とヤフーの株は…

記事を読む

No Image

ユーロについて
ユーロで外貨投資を行なった場合、ユーロを購入した時点よりも円安になれば為替差益がでますが、反対に円高になれば為替差損をこうむることになります。海外旅行で使わな…

記事を読む

No Image

ユーロについて
FX取引をすでに行なっている方は、クロス・円という言葉を何度か耳にしていると思いますが、基本的にクロス・円とは、ドル・円以外の対円の為替レートをさします。今現在…

記事を読む

No Image

ユーロについて
米国経済が崩壊寸前にあるため、ユーロは基軸通貨であるドルの後を引き継ぐ格好で新しい基軸通貨になると多くの方々が予想しているわけですが、ポンドからドルが基軸通貨…

記事を読む

No Image

ユーロについて
FXをはじめとした外貨商品で資産運用を始める場合は、まず何はなくとも実際に取引する通貨を選ばなくてはいけません。幸いにして外貨投資の場合は株のように取引できる銘…

記事を読む

No Image

ユーロについて
今回は、ユーロが誕生してからこれまでの経緯を振り返ってみたいと思います。まず最初に新通貨としてユーロ(EUR)が誕生したのは1999年のことです。年初にヨーロッパ通貨…

記事を読む

No Image

ユーロについて
今回は株式投資とFX取引の比較について誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。基本的に株式投資の場合は銘柄分析をはじめ、株価を変動させる要因が多い…

記事を読む

No Image

ユーロについて
欧州諸国の中でユーロに加盟を希望する国は依然として多いのですが、残念ながらその多くが加盟するための基準値に達していないため見送られているようです。特に世界的に…

記事を読む

No Image

ユーロについて
かつて、円は、ドルやマルクと並んで世界三大通貨といわれていた華々しい時代がありましたが、90年以降の景気低迷が進んだことにより、円の力は年々弱くなっています。ド…

記事を読む

No Image

ユーロについて
 外貨MMFはリスクが比較的低いことから今現在、外貨商品の王様である外貨預金に迫る勢いで人気が急速に高まっております。こうした背景には世界的に金融不安が深刻…

記事を読む

No Image

ユーロについて
 米国の政策金利にあたるFFレートが過去最低の水準にまで利下げされたことにより日米の金利差が逆転するという非常事態にあります。金融不安の解消のための手段であ…

記事を読む

No Image

ユーロについて
米国の金融政策に翻弄されるような状況下が依然として続いていますが、ついに日米間の政策金利の差が逆転していしまいました。四方八方で円高が進む要因だらけなのですが…

記事を読む

ユーロと米ドルとの関係とその仕組



【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」


外国為替市場では米ドルについて取引量が大きいユーロですが
米ドルの動きに大きく影響されます。


そして、その動きが各国の通貨にも波及していくことになるほど、
ユーロと米ドルの動きを把握することは重要視されています。


今回は米ドルとユーロの関係について簡単ではございますが
解説させていただきたいと思います。


ユーロは1999年に、前進であるECUと1対1の交換率で登場
し、そして、EUCからユーロに呼び名が変わりました。


一般的に、世界各国の為替レートは基本的には1米ドルにつき
○○円、○○ポンドというような形で、あくまでも1ドルに対する
各国通貨建ての為替レートという形で公表されます。


しかし、ユーロの場合はこれとは逆に、1ユーロに対して何ドル
か、という表示が行われています。


こうした表示の仕方からも、今後ユーロがドルと並ぶ基軸通貨
に将来的になるとする意気込みが感じられます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



ユーロがこれまで買われて来た背景には、ユーロが米ドルと
ともの基軸通貨になると期待感が広まっていたからです。


そして、驚くべきことにユーロはGDPにしてアメリカに次ぐ世界
第2位、人口ではアメリカを上回る巨大経済圏です。


それだけ強力な経済力を背景にある通貨ですから、ユーロに
対する期待感が高まるのも無理ないかもしれません。


そして、中国をはじめとするアジア諸国の間でも、外貨準備に
ユーロを組み入れることを表明する国も存在します。


しかしアメリカにとってはユーロが力をつけることに対して脅威
をを感じる部分が多いにあるはずです。


クリントン前大統領は、ユーロが誕生した当時、「新しい欧州の
経済的役割に期待する」とのコメントを発表しました。


このため、クリントン前大統領の胸中を察するに、欧州に対し、
複雑な思いがあったに違いありません。


しかし、サブプライム問題以後、あらためて、米国経済の影響
の強さを思い知らされることになりました。


今後は各国とも、同じよな過ちを犯さない為に、米国経済への
依存度を低下させる動きが活発化すると思います。


【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!

 カテゴリ

今後のユーロを取り巻く環境について


リーマンショック以降、金融危機が急速に世界中に広がり、一時期回復に向かったのですが、ギリシャ
やポルトガル、スペインなどのユーロに加盟する南欧諸国の財政悪化問題が表面化することとなり、
ここにきて金融市場が依然として大きく混乱しています。


こういった問題が浮上した昨年後半とは状況は大きくことなっています。欧州市場では今後二度とこう
した事態を繰り返さないためにユーロ防衛策を打ち出しています。これにより、ユーロの力がさらに
増すことを期待したいところですが、とてもそのような状況になりそうにありません。


昨年の後半まではユーロが米ドルに代わる世界的の基軸通貨になることが期待されていました。米国
は今まで以上に経済・金融面においても厳しい状況に追い込まれると予想されていたわけです。


これまで米ドルが世界で唯一の基軸通貨と見なされていた時は、仮に何年かおきに米国経済が不況に
陥り、財政赤字が大幅に拡大しても世界はひたすら米国経済に追随しました。
 
 
もともと基軸通貨は金との交換比率によってレートが形成されたわけですが、ニクソンショックによって、
米国は一方的に米ドルの兌換紙幣としての役割を破棄して、米国債を発行してひたすらドルを刷りまくり
ました。つまり、米国経済に支えられて米ドルの信用というのは保たれるわけです。


しかし、上述したとおり、米国は双子の赤字で80年代前半から財政は悪化の一途をたどっていたわけで、
信用も何もありません。でれまで度々米国経済に世界経済が振り回されてきたわけです。
 
 
こういった行為をを長年にわたって繰り返し行うことができたのも、米ドルが世界で唯一の基軸通貨で
あったからこそできたことです。そうでなければ絶対にできないことです。


そして、外貨準備についてですが、これは、諸外国の多くは外貨準備の大半を米ドルで保有してます。
しかし、リーマンショック以降はユーロにシフトする動きが活発化したわけです。


このため、ユーロは一時大きく下落しましたが、自力で回復しました。しかし、ギリシャ問題などによって、
欧州諸国のデフォルトリスクが高まると、ユーロは大きく売られることとなり、基軸通貨どころの話では
ありません。ギリシャを救済しようとするドイツ政府は市民から猛反対を受けています。


よその国を助ける前に自分の国を何とかしろという悲痛な思いは世界的に広がっています。日本でも同様
のことが起こっていますよね。今後は欧米では政府の非情な政策に怒る市民による暴動が多発する可能
性が高いと予想されています。そのたびに相場は大きく乱高下することです。


一日で10円前後動くような相場での取引は台風にサーフィンをやるようなものです。ですので、これまで
以上にリスク管理を徹底する必要があります。十分注意してください。
 カテゴリ
 タグ

ユーロを取引するさいの注意点について


欧州中央銀行(ECB)は2008年の初頭までインフレリスクで頭を悩ませていました。当時は米国の金融
当局が政策金利を断続的に追加利下げするのを横目に政策金利の利上げするタイミングをうかがって
いたわけですが、今ではギリシャ危機など問題が目白押しで身動き取れない状態にあります。
 
 
景気悪化局面では欧州の企業はこれまでの経験から決断を下すのが日本の企業以上にスピーディー
です。回復を急ぐため、容赦ないリストラが行われますので失業率が必然敵に高まります。
 
 
スペインでは失業率が20%(若年層は40%超)を超える水準に達しています。そうなると、物が売れなく
なるので生産者側は製造する量を抑えます。また、販売する側はできるだけ早く在庫を処分するために
価格を下げますので、デフレ化が一気に進みます。
 
 
そうなりますと、欧州中央銀行側はデフレ化を抑えるために政策金利を利下げすることで対応することに
なります。今現在、歴史的水準にまで政策金利は低迷していますが今後もこの状態が続きそうです。

 
そうなりますと、FXなどの外国為替取引で金利をねらった中長期での運用に旨みが大幅に減りますので
為替の変動による利ざやを求める取引が活発化します。


ユーロはここ最近は変動幅が大きいのでうまく波にのれれば為替差益をえることができるのですが、難し
い相場状況が続いているので分からない相場での取引は厳禁です。
 
 
欧州を中心に新たな金融危機が勃発すると予想されています。こういった状態が長期化する可能性が高い
だけに、大事な資産を目減りさせることだけは避けたいです。ですので、ファンダメンタル要因により大きく
暴落した際にリバウンドを取りに行くくらいの気持ちでのんびり構えて取引するくらいのほうが良いでしょう。


難しい相場を取引できるからといって儲かるようになるわけではありません。切磋琢磨を求めて挑むのは
危険すぎますので、分からない相場には近づかないほうが良いです。
 

外国為替だけではなく、株式などにもいえることですが、今の状態で資産を運用するのは非常に難しいの
で資産を目減りさせないために資産保全を目的とした外貨投資をこころがけるべきです。

急にお金が必要になった場合の対処法と、ちょっとした資金管理の方法について


余裕資金でFXを取引するのが基本ですが、急な入用でどうしてもお金が必要になることがあります。
「結婚式の二次会に人数が足りないからどうしても来てくれ」といった具合に頼む方は頼まれる人の
ことを全く考えませんね。しかも給料日前だったりするから憂鬱になります。(´_`。)


そうした場合は、預けている証拠金の出金を行うわけですが、基本的には出金可能な範囲内で出金
以来を行うことができます。だいたいどこの取引会社でも同じようなルールが設定されています。


出金以来をすると、取引口座を開設したさいに指定した銀行口座に振り込まれます。ちなみに当サイト
が推薦させていただいているサイバーエージェントFXの場合は二つの方法があります。


まず一つは「リアルタイム出金」です。リアルタイム出金」は、出金依頼金額が100万円以内で、なお
かつ、出金依頼をAM8:50〜PM14:30までに出金依頼すると、取引口座を開設したさいに登録した
出金口座に出金されます。ちなみに出金依頼が反映されるのは15分程度かかるそうです。


そして、もう一つが通常出金です。通常出金の依頼に関しては受付は24時間おこなっていますが、
出金は2営業日以内となっています。ですので、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。


しかし、よほどのことが無い限りは通常出金で十分です。ただし、土日、祝日、年末年始など休日が
重なる場合は十分注意しなければなりません。人によっては利益をコンスタントにだせるようになる
と利益をそのまま再投資せずに出金して資産を確実に増やしています。


たしかに、再投資にまわして取引すれば、さらに大きなポジションを取って取引することができますが、
大きくやられるときにはとてつもなく大きな損失を被りますので注意が必要です。
 カテゴリ
 タグ

米ドルの特徴と中長期的な動きについて


米ドルは、いうまでもなく米国の通貨です。我々日本人にとって一番馴染みのある通貨です。実際に米ドル
は世界の3大通貨の一つで、一日の外国為替市場で取引される量はダントツで一番です。


3大通貨の残りの二つはユーロと円なのですが、その差は依然です。基本的に米ドルは基軸通貨といって
国と国との間で取引される製品やサービスなどの貿易で決済するための通貨として取引されます。


ですので、取引量が半端じゃないくらい多いんです。また、中長期的に外貨投資する場合はニュースなど、
情報量も豊富なので、米ドルが一番取引しやすいので、最初は米ドルから取引すると良いでしょう。


米国の金融政策や雇用統計のような重要度の高い経済指標が示す数字によって為替レートが大きく動き
ますので、前後の動きには十分注意する必要があります。ここ最近まで長期的なドル安が続いていました。


サブプライムショック、リーマンショックなどによって金融不安が広がり米国だけでなく、世界経済が大きく
後退することになったのですが、今年に入ってから雇用情勢など回復の兆しを見せています。


また、長い間ドル安が続いたので輸出企業のは多くは業績を上向かせることに成功し、こうした動きが米国
経済を回復に向わせる原動力となっています。このため、ドルを買う動きが活発化しています。


米ドルの中期金利の指標とされている、10年米国債の金利水準が上昇しているため、国債価格が下落して
います。これを嫌気して売る投資家が増えるため米ドルは大幅に下落するだろうと予測する声があります。


その一方で、国債価格が暴落しても、金利水準が上昇し高い利回りが得られるので、お買い得だと考える
投資家が増えるので、米国債を買う動きが高まり、米ドルが上昇すると予測する声もあります。どうなるか
は誰にも分かりませんが、どのようになっても対処できるように準備する必要がありそうです。
 カテゴリ
 タグ

円高・円安で世界はこのように動きます


ギリシャ問題が深刻化するにしたがってユーロ売りが加速しているえわけですが、同時にドル売りも加速
したため、円安に向うと思いきや長期的な円高が依然としてつ続いています。


基本的に円高、円安とは外貨に対して日本円が相対的に高いか安いかを表します。例えば円高の場合
ユーロに対して円の価値が上がったことを意味します。一方、円安の場合はその反対になります。


例えばユーロ・円が1ユーロ=120円から1ユーロ=115円となった場合は、1ユーロの缶ビールを120
円で買っていたのが、115円で買えるようになり、5円も得することになります。


この状態を円安と勘違いしてしまいがちですが、これは円の価値が上がったことによって、それまでよりも
少ない円を支払うことで同じ物が買えるわけです。ですので、この状態を円高といいます。


反対に円安とはユーロに対して円の価値が下がった状態を表します。為替レートが1ユーロ=120円から
125円になった場合は1ユーロの缶ビールを120円で買っていたのに125円だして買うことになります。


つまり、円の価値が下がってしまったわけです。このように円高、円安で我々の日常生活に大きな影響を
およぼします。具体的には円安になると輸入コストが上がるので物価が次第に上昇します。


反対に円高になると輸入コストが下がるので物価が下落します。極端に円高、円安が一方向に進んでしま
うと経済のバランスが崩れるため、景気が大きく左右されるので注意が必要です。

 カテゴリ
 タグ

ユーロ経済のこれまでの経緯について

 
ギリシャのデリバティブ関連の負債が当初予想していた以上に深刻なようです。このためPIIGS問題が
今後大きく拡大することによってリーマンショック以上に金融危機が広がる可能性があります。
 
 
そうした中、これまで米ドルに代わる基軸通貨として期待されていたユーロも文字通り暴落しています。
金融不安が解消される目処がたつまでこうした状況が続くことが予想されます。
 
 
今回はユーロ圏の経済とその特徴について誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思い
ます。ユーロは欧州連合に加盟する22ヶ国中16ヶ国が実際に加盟しており、統一通貨であるユーロ
を使用しています。ユーロに加盟している国は以下の通りとなっています。
 
 
アイルランド、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシア、キプロス、スペイン、スロベニア、ドイツ、
ベルギー、フィンランド、ポルトガル、ルクセンブルク、マルタ、スロバキア、フランス(順不同)。
 
 
これらの国々の総人口は、約3.2億人で名目GDPは10兆ドルをすでに越えているため、事実上米国
に次ぐ経済規模を誇ってます。ちなみに、ユーロに加盟するには一定の条件をクリアしなければなら
ないので、ユーロ経済は非常にバランスが取れているのが大きな特徴です。
 
 
そして、2001年におきた同時多発テロによって世界中の国々が大きな被害を被ったことにより、米国
経済に依存することのリスクを回避するために外貨準備でユーロの保有量を増やしました。
 
 
ですので、基軸通貨としてユーロの役割りに期待されていたのですが残念ながら、それを上回る金融
危機が訪れたことにより、今回もこれまで以上に大きな被害を被っております。
 カテゴリ
 タグ

ユーロ・円を長期保有する際の注意点

 
まず、スワップポイントを狙ったFX取引の利点は、ポジションを建てたらそのまま長期間に渡って保有
するので頻繁に売買を繰り返す必要がないため初心者の方でも比較的安心して取引できます。


しかし、金融不安が広がっている状況では極端に乱高下する場合がありますので、為替の変動により、
これまで積み上げられたスワップポイントが一瞬で飛ぶ場合があります。


そして、今現在ユーロは景気後退の影響から政策金利が大きく低迷していますので、スワップ金利の
利息による収益を期待することはできないのですが、今回あらため長期運用でスワップポイントを狙っ
た取引について誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。


スワップポイントは取引される通貨間の金利差から発生します。例えば、もし、ユーロ・円のポジション
を建てられている仮定した場合にはユーロの金利から円の金利を差し引いた数値がプラスとなること
によってスワップポイントを得ることができるのです。


ですので、スワップポイントを得ることを目的としたFX取引の場合は買った時点で長期間に渡ってポジ
ションを保有します。そして、保有される期間に応じてスワップポイントが増えていきます。


このため当然のことながら収益が拡大することになります。 基本的にはスワップポイントを狙う場合は、
金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買う必要があります。もし、反対の取引を行った
場合には金利差がマイナスになるのでスワップポイントは加算されずに支払わなければなりません。


一方で、スワップポイントを狙ったFX取引の注意点は為替が円高になることによって為替差損が拡大
するので、それまで積み上げてきたスワップポイントによる収益が無くなるケースがあります。


ですので、ストップ注文を必ず入れるのは勿論のこと、欧米の重要指標が発表される時は必ずチェック
する必要があります。 もし、そのまま放置したままで預貯金感覚でFX取引を行なってしまうと、上述し
たケースに巻き込まれる可能性が高いので十分注意が必要です。
 カテゴリ
 タグ

ユーロが上昇すると円が下落する仕組み


外国為替取引は通貨と通貨を交換する取引です。この点が株取引などと大きく異なる点です。例えば
実際の株式投資の世界では株価が同じであってもソニーの株とヤフーの株は取引できません。


また、大豆と米を取引できません。物々交換ができないわけです。一方、外国為替取引の場合は通貨
同士を取引できます。つまり、対価と対価を取引できるということです。これが外国為替取引の大きな
特徴となります。ユーロ・円を取引した場合、以下の通り価格が変動します。



『 ユーロの価格が上昇することによって円の価格が下がります 』


『 ユーロの価格が下落することによって円の価格が上昇します 』


外国為替取引は、一方の通貨が価格変動することで、一方の通貨の反対の価格変動になります。こう
することによって、通貨同士のバランスをとることができるわけです。


今度は通貨ではなく、通貨とサンマの取引を例に解説させていただきます。今年は例年になくサンマを
大量にとることができました。しかし、景気悪化により、需要が激減しサンマの価格が下落しました。


サンマを購入するには円が必要です。しかし円の価値は上昇しません。その後サンマ漁をコントロール
したことで市場への供給量を減らすことで需要が拡大し、サンマの価格は上昇中です。


しかし、円でサンマを買ったからといって円の価格は下落しません。外国為替取引以外の取引は一方
の価格の上昇が、もう一方の価格が下落するわけではないのです。

 カテゴリ
 タグ

為替変動でユーロが受ける影響について


ユーロで外貨投資を行なった場合、ユーロを購入した時点よりも円安になれば為替差益がでますが、
反対に円高になれば為替差損をこうむることになります。



海外旅行で使わなかったトラベラーズチェックを円に戻す時に円高になっていたので、損してしまった
といった経験をされた方も多いのではないかと思います。



それと同じで、円高が進むことによって、ユーロは相対的に安くなってしまいますので、同じユーロの
額であったとしても、実際に両替することのできる円の額は減ってしまうのです。



こういった為替変動リスクが外貨商品には全て含まれています。外貨預金はだめで、FXは大丈夫と、
いったことはありません。ですので、為替が大きく変化する場面では注意が必要となります。



為替相場は常に変動していますので、外貨投資で収益をあげるには、常に為替の変動に注意しなけ
ればなりません。特に今現在は金利による利子が期待できません。



こうした状況下で、外貨商品に関係なく、外貨投資を行なうには為替差益をねらって取引する必要が
あるわけですから、為替変動リスクには十分注意する必要があります。

ユーロでのクロス円取引の仕組み


FX取引をすでに行なっている方は、クロス・円という言葉を何度か耳にしていると思いますが、基本的に
クロス・円とは、ドル・円以外の対円の為替レートをさします。



今現在、クロス円で代表的なのがユーロ・円、英ポンド・円、NZドル・円などで投資対象として人気が高
いです。これまで外国為替市場では長い間、米ドルを基準にレートが決定していました。



しかし、ご存知の通りサブプライム問題が浮上してからというもの覇権国通貨として米ドルの力が衰える
こととなりました。これにより様々な問題が浮上し、一時期ユーロが米ドルに変る基軸通貨として期待が
高まったのですが、移行するのはそう簡単ではないようです。



ここ最近では米ドルが量的緩和を行なっている影響が顕在化することを恐れているような動きを見せて
いますが、依然としてユーロと連動した動きが、しぶとく見受けられます。



今後ユーロへ期待する声が高まるかもしれません。ちなみに、クロス円のレートを決めるのも米ドルが
大きく関与しており、レートのどちらかに米ドルが入ります。



たとえば、ユーロ・円の場合はユーロ・米ドルと米ドル・円の2つのレートを組み合わせることによって算出
します。 これを円に対してクロスさせることによってもとめたレートのことをクロス円レートといいいます。



このため、米ドル以外の通貨につきましては、今のところ全てクロス円でのレートが表示されています。
上述したことから、クロス円の場合はユーロ・円以外の通貨を分散しても分散効果を期待できません。

ユーロ円を取引するポイントについて


米国経済が崩壊寸前にあるため、ユーロは基軸通貨であるドルの後を引き継ぐ格好で新しい基軸通貨
になると多くの方々が予想しているわけですが、ポンドからドルが基軸通貨となるまでに数十年間かか
りましたので、今後1〜2年程度の間にユーロが基軸通貨になるとは考えずらいです。



しかし、現実に世界中の金融当局が米国経済に対して懸念感が広がっているため、外貨準備をドルから
ユーロにシフトする動きが高まっています。同様に一般の企業の間でもこうした動きが広がってます。



ですので、今後ドルが量的緩和を続けることで、米ドルが暴落する可能性があるため、市場から三行半を突きつける格好で、基軸通貨から引きずりおろされるかもしれません。



基本的にFXでユーロ円を取引される場合は、ユーロドルの動きを横目で見ながら取引する必要があり
ます。それほど、外為市場でユーロドルの取引量が多いのです。



最近の傾向は、ドル安が進むとユーロが買われます。また、ユーロドルが、ほんとど動かないにもかか
わらず、ユーロ円は大きく動く場合があります。こうした場合はユーロ円を押し上げる材料が市場に流
されたと考えるべきです。そして、こうした要因をしっかりと調べ上げます。



そういったことを繰り返しているうちに、相場全体の流れを把握することあできるようになります。なので、
これから、ユーロ円を中心にFX取引しようと検討されているのであれば、ユーロドルを、しっかりと確認
した上で、ユーロ円相場に関連した材料がでていないか注意しましょう。



もし、本当にユーロが基軸通貨として、世界の決済通貨としての役割をこなすようになったら、ユーロの
価格は今の倍以上の水準になってもおかしくないと思っています。長期的な成長が期待できます。

株式投資にはないFXの魅力について


FXをはじめとした外貨商品で資産運用を始める場合は、まず何はなくとも実際に取引する通貨を選ば
なくてはいけません。幸いにして外貨投資の場合は株のように取引できる銘柄が数千単位であるわけ
ではないので、それほど悩まずに通貨を選ぶことができます。

 

もし、これから外貨投資を本格的に始められるのであれば、ユーロや米ドルのような取引量の大きい
通貨を選んで外貨投資を始めることをお勧めします。そして、これからFXで外貨投資を始めるので
あればユーロ・円、ユーロ・ドルで始めるのが良いでしょう。



 

主な理由としては情報量も豊富ですし、主要国の経済指標や金融政策に注目すれば良いわけです
から情報収集の面でも、それほど苦になりません。「為替の動きが気になって仕方がない」というの
は問題ですが、経済事象に興味を持つことは非常に良いことです。



 

しかし、実際にFX取引を始める前に色々と迷われると思います。「失敗したくない」という思いが初心者
の方の場合は強いのでなおさらです。なので、実際にFX取引を始められる前に、FX取引口座を開設
したFX取引会社にてバーチャルトレードを行いながら毎日チャートを見ることをお勧めします。

 



そして、チャートの動きを細かく書き記す必要はありませんが、その時々に感じたことをメモ書き程度
でかまわないので、書き続けると後々役に立ちます。



 

あまりにも準備期間が長すぎると、慎重になりすぎて投資機会を逃してしまうことになりかねませんが、あまりにも準備不足の状態でFXを始めるのは危険です。大きく為替が動く場面に遭遇しても、なぜ大き
く動いたのか分からないまま、動揺してしまい、大きな損失をこうむりかねません。


ですので、そうならないためにもしっかりと準備して、実際の相場に臨むことをお勧めします。

ユーロが誕生するまでの経緯について



今回は、ユーロが誕生してからこれまでの経緯を振り返ってみたいと思います。まず最初に新通貨と
してユーロ(EUR)が誕生したのは1999年のことです。年初にヨーロッパ通貨が統合されることとなり、
実際に外国為替市場にて取引されることとなりました。



ちなみに、実際にユーロを管理しているのは、欧州中央銀行と各国の中央銀行から構成されるヨーロ
ッパ中央銀行システムです。そして、ユーロは1999年に誕生以来、現在にいたるまで外国為替市場
ではユーロドル(EUR/USD)が取引されております。



また、実際に新通貨としてユーロが流通することとなったのは2002年の年初からです。この年はじめ
て硬貨及び紙幣がお披露目されることになりました。通貨ユーロを導入しているEU加盟国は現在13
ヶ国で、加盟国は以下の通りとなっております。



ベルギー、ドイツ、スペイン、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ・オランダ・オーストリア、
ポルトガル、フィンランド、ギリシャ、スロベニア



ユーロ(EUR)は、欧州連合27カ国中13カ国が公式に採用している単一通貨で、ユーロを導入する
ことによるメリットとしては、まず、通貨交換が不要になることがあげられます。



これにより、両替手数料が不要になりますので、大幅にコスト削減できます。2007年の6月に行われ
た欧州理事会にてキプロスマルタが2008年1月のユーロの導入を承認しました。



このため2008年からユーロ加盟国は14ヶ国となりました。今後もさらに加盟国増えることが予想され
ているので市場規模がさらに拡大することが期待されています。

投資を始めるなら株よりFXが良い理由

今回は株式投資FX取引の比較について誠に簡単ではございますが解説させて頂きた
いと思います。基本的に株式投資の場合は銘柄分析をはじめ、株価を変動させる要因が
多いので、それ相応の知識が必要とされています。



勿論、FX取引を始めるにあたって、それなりの知識が必要となりますが、銘柄選びを例
にとっても、株式が4000銘柄程度あるのに対して、FX取引業者が実際に取り使って
いる外貨の数はせいぜい多くても30種類前後です。



株の場合は銘柄を選ぶだけでも大変な労力が必要とされています。しかし、FXの場合は
銘柄数が限られているので、自分にあった通貨ペアを選びやすいです。



そして、投資するにあたっての資金面ではFXの方が有利です。FXの場合は証拠金取引
なので10万円程度の資金でもそれなりの取引が可能となっています。



米ドル・円、ユーロ・円ユーロ・ドルなど最も外国為替市場で取引されている通貨ペア
を取引することができます。一方、株の場合は10万円で取引できる銘柄が限られてます。
トヨタなどの日経225の主力銘柄は購入できません。



なので、少ない資金でもレバレッジをかけることによって、大きな取引ができるFXは非常
投資効果が高い外貨商品といえます。



そして、どちらが儲けやすいという点についてですが、これに関してもFXの方に部がある
といえます。株式の場合、各相場を機関投資家や外国人投資家などの大口が取り仕切
っているので、一般の個人投資家は中々思うように取引できません。



それに対して、FXは市場参加者も市場規模も大きいので米ドルやユーロのような取引量
の多い通貨の場合は株のような投機筋による相場を操作する動きは皆無です。



実際にFXの場合はテクニカルの面でも株以上に素直に反応します。こうした点を考慮し
てもFXの方が株式投資よりも利益をだすことに関しては優位にあるといえます。

 カテゴリ
 タグ
FX 

スワップポイントより為替差益を狙う


欧州諸国の中でユーロに加盟を希望する国は依然として多いのですが、残念ながらその
多くが加盟するための基準値に達していないため見送られているようです。



特に世界的に金融不安が広がったことにより世界的に景気後退局面に入ったことにより、
これまで順調に経済成長をとげていた加盟希望国も足踏み状態が続いています。



景気の底上げのために各国で政策がかかげられていますが、今一つ景気を刺激するには
いたっていないものがほとんどです。実際に、昨年から2009年中に大々的な内需拡大を
はかって景気を刺激すると発表していた中国の経済政策も具体性に乏しいです。



このため、市場では失望感が広がり再び世界同時株安的な動きが続きました。そうした中
で欧州中央銀行(ECB)は追加利下げを行い政策金利は1.5%となっています。



自動車業界をはじめとした欧州の製造業が苦しい状況に追い込まれており、ユーロ市場が
このまま低迷し続けると量的緩和を実施する可能性も示唆しております。



そうなると、スワップポイントを狙った取引というのは全くもってうまみがなくなりますので、
ユーロでさえ為替差益を中心としたFX取引にシフトする必要性があります。



もし、FX取引で売り買いを頻繁に行うことに対してためらうのであれば大きく暴落した時だけ
ユーロをはじめとした外貨を購入する取引をお勧めします。もちろん中短期で底を打った
ことを確認してからでなければなりません。

為替市場でのユーロの影響力について

かつて、円は、ドルやマルクと並んで世界三大通貨といわれていた華々しい時代がありまし
たが、90年以降の景気低迷が進んだことにより、円の力は年々弱くなっています。



ドルという基軸通貨がある一方で、がドルと並ぶ基軸通貨としての役割を担うことに
なれば、円は主要通貨の枠からはずれてしまうかもしれません。



そして、通貨統合によってユーロ圏は、人口の面でも、また経済成長率の面でも大きく日本
を上回ることとなった結果、その規模は巨大経済圏になってしまいました。
 
 
 
それでは、今後ますますユーロの通貨としての力が高まり、円が主要通貨から外れた場合
一体どうなってしまうのでしょうか?市場規模の小さな通貨は、価格を乱高下させて利益を
狙うので、市場規模の小さな通貨は取引が難しいとされています。



例えば100億円の市場規模を持つ通貨と1000億円の市場規模を持つ通貨があると仮定
します。そして、それぞれに10億円ずつ買い注文を入れた場合一体どちらの通貨が大きく
値上がりするでしょうか?。(考えてみてください)



答えは100億円の市場規模を持つ方です。なぜなら100億円に対して10億は10%買われ
た状態になりますが、1000億円では、わずか1%が変われた状態にすぎません。



つまり、市場規模が大きい通貨はそれだけ為替相場の安定に繋がる可能性が高いのです。
このため日本の金融政策当局はさかんに円の国際化を進めようとしてますが、実際問題と
してそれはとてつもなく大変なことなのです。



なぜなら海外の機関投資家中央銀行から円建てで保有されている資金を運用してもら
えるような大規模な市場改革が必要になります。
 
 
 
一方、ユーロは金融不安から大きく下落してはいるものの、米ドルの力が確実に衰えている
ことから、国際貿易の決算通貨としての力は確実に増しています。
 
 
 
また、外国為替市場での取引量も米ドルに次いで大きいので今後より基軸通貨としてユーロ
の地位はゆるぎないものになると考えられています。米ドルを保有しても金利が実質ゼロで
あるに対してユーロは依然として2%程度つきますので、こうした点も有利です。

 カテゴリ
 タグ

ユーロ建て外貨MMFの魅力について

 
はリスクが比較的低いことから今現在、外貨商品の王様である外貨預金に
迫る勢いで人気が急速に高まっております。



こうした背景には世界的に金融不安が深刻なレベルにまで広がったことにより、金融
市場が大きく揺さぶられているため、外国為替市場でも基軸通貨としての米ドルが
力を失い、乱高下を繰り返すなど不安定な要素が大きい点があげられます。



ですので、こうした状況下では、よほど外貨投資に関する知識がないと為替差損を被
可能性が高いので、中長期での投資で利益をあげることは難しいです。これまで圧倒
的に人気だった外貨預金よりもススメる傾向が強いようです。



繰り返しになりますが外貨MMFは外貨商品の中でも非常に人気が高いFXほどリスク
が高くない上に税制面などでも優遇されているのが人気の要因となっております。



また、外貨MMFは外貨建てMMFとも呼ばれていますが、一般的には外貨MMFと呼ば
れることの方が圧倒的に多いように見受けられます。



ちなみに外貨MMFのMMFはマネー・マーケット・ファンドの略称です。そして、基本的に
外貨MMFは、ファンドとつくことから投資信託の一種です。当然のことながら投資信託
と同様に外貨MMFには元本保証がありません。
 
 

しかし、外貨MMFは非常に安全性の高いと称されています。主な理由としあげられるの
が外貨MMFは高格付けの高い債券をはじめ、コマーシャルペーパー、期間1年未満の
リスクの低い短期金融商品を中心に運用されているからです。


 
外貨MMFは、外貨預金並に安全性の高い外貨商品です。米国では、ここ数年着実に
純資産を増やし続けております。特に、信用不安が高まっていることから株式投資や、
投資信託などのリスク商品から乗り換える傾向が顕著になっております。
 
 
外貨預金よりも換金性が高いのも外貨MMFの大きな魅力です。
 カテゴリ
 タグ

キャピタルゲインを狙ったFX取引へ!

 

米国のにあたるFFレートが過去最低の水準にまで利下げさ
れたことにより日米の金利差が逆転するという非常事態にあります。



金融不安の解消のための手段である政策金利を変動することはこれ
でできなくなってしまったので、次はいよいよ債券の発行です。



来年以降大量に発行されると思います。これまで米国の国債を大量に
引き受けていたのが日本と中国です。



日本はすでにそんな余裕はありません。また、中国はすでに内需拡大
するために、来年以降大量の資金を投入することがすでに決定してい
るので、それほど余力がありません。



そうなると国債が消化しきれない可能性が高まるので、米ドル資産が
売られる可能性がさらに高まります。



来年以降もドル安、円高が継続することは間違いありません。そうな
りますと、ユーロが買い戻される動きが活発化すると思います。



すでに、というかようやく反転した動きを見せています。本来あるべき
姿に戻りつつあります。ここでスワップポイントを狙った取引も良いの
ですが、本来FX取引はを主目的に行なうものです。



為替は年間を通してそれほど大きく動くことはないのですが、金融不
安が広がったことで、一日の変動幅もかなり大きくなっています。



ですので、ある意味チャンスですのでリスクを低く抑えながら為替差
益を狙った売買にシフトすることをおススメします。

 カテゴリ
 タグ

ユーロが買われる要因が新たに増える


米国の金融政策に翻弄されるような状況下が依然として続いていま
すが、ついに日米間の政策金利の差が逆転していしまいました。



四方八方で円高が進む要因だらけなのですが、そんな中で米国の
自動車業界のビッグ3へのつなぎ資金融資が決定したことにより、
しばらくは市場全体が落ち着いてくれると思います。



このため、ユーロドルは急騰したのですが、調整色が強まることに
なりそうなので、多少円安化が進んでくれることを期待したいので
すが、しばらくはドル売り優勢が続きそうです。



この影響で円高がさらに進むことになりそうです。一方、ユーロの
場合は円に対して依然として2%以上の金利差があります。



なので、ドルを売ってユーロを買う動きが活発化する可能性も十分
あります。また、依然として下げ止まる気配がない原油価格がここ
ら辺で落ち着いてくれることを願います。



ユーロは今現在のラインを仮に割ってしまいますとテクニカル的に
は上昇トレンドが壊れてしまいますので、さらに一段下値を目指す
展開になる可能性も高いので十分注意する必要があります。



来年以降にECBから発表される経済指標は景況感を探る上でこれ
まで以上に注目度が高まることが予想されています。



この状況下では回復に向かっている動きが確認されることは無いと
思いますが、市場予想を上回って悪化している場合はポジションを
閉じてしばらく様子見に徹する方がよいかもしれません。
 カテゴリ
 タグ
さらに詳しく調べる
Google


 検索例  

FX スプレッド 比較 などと入力

メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム


btn_msg.gif
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FXから始める外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。