FXの基本のカテゴリ記事一覧

FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:FXの基本

FXの基本のカテゴリ記事一覧。FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。
為替変動リスクを避けるためのポイント

FXの基本
     ■為替変動リスクを分散するには?  もし、短期売買でFX取引を行うのであれば、為替変動リスクを避けるために取引通貨を分散する必要はありません。かえって…

記事を読む

No Image

FXの基本
■投資が当たり前の時代に!2000年に入って小泉政権が誕生し、個人投資家の数が急激に増えました。「貯蓄から投資へ」を合言葉に、これまで投資に無縁だった人たちの間で…

記事を読む

No Image

FXの基本
残念ながら人間は自分で考えている以上に弱い生き物でして、新しく始めることに対して恐怖感を抱きます。このため失敗を避けようと、あの手この手と繰り広げるわけです。…

記事を読む

No Image

FXの基本
欧州の金融危機がついに新興国に波及し来年以降たいへんなことになりそうです。とくに韓国は、資本移動の動きが活発化しています。しかも貿易依存度が強いため、経済が急…

記事を読む

No Image

FXの基本
これほどまでに乱高下の激しい相場展開が続くと、迷いが生じやすくなります。そして、迷っている間に大きく動いて飲み込まれてしまうのです。人は他人のこととなると冷静…

記事を読む

No Image

FXの基本
日本の預貯金金利は15年以上にわたって超低金利状態にあります。これにより、一般市民の本来得られるはずだった富が奪われしまったのです。例えば1990年には8%台にあり…

記事を読む

No Image

FXの基本
基本的にFXを取引できるのは、ウェリントン市場が営業開始し、ニューヨーク市場が終了するまでの間です。日本時間では月曜日の明け方から土曜の明け方まで取引することが…

記事を読む

No Image

FXの基本
 FXはレバレッジをかけることで少ない資金でも大きな取引が出来る点が大きな魅力とされていますが、レバレッジが大きくなればなるほど取引できるポジション量が大き…

記事を読む

No Image

FXの基本
 ついに日経平均株価が節目である1万1000円台を突破し、1万2000円台を目指す展開となっていますが、過剰流動性による上昇ですので、上昇局面が続くのが長くても今月…

記事を読む

No Image

FXの基本
基本的に短期売買で勝率にこだわる必要はありません。かえって勝率にこだわると一回あたり取れる利幅が必然的に小さくなりますので、トータルで利益がだせなくなります。…

記事を読む

No Image

FXの基本
FXを取引するのに限らず、人間誰しも新しく始めることに対して失敗に対する恐怖から、失敗を避けよう避けようという思いが自然と強まり、取引そのものを完璧に行うことに…

記事を読む

No Image

FXの基本
仮に取引する通貨がユーロであろうと米ドルであろうとFXを取引して利益をあげるには、相場のトレンドにあわせてポジションをとる必要があります。上昇トレンドにあるとき…

記事を読む

No Image

FXの基本
FXは日本語で外国為替証拠金取引、もしくは、外国為替保証金取引といいます。ですので、基本的に保証金と証拠金と呼び方が違うだけです。これらがFXのレバレッジ効果のベ…

記事を読む

No Image

FXの基本
基本的にFXは株の現物取引とは異なり、仮に損失が拡大したことで証拠金比率が一定のレベルを超えてしまうと強制決済が行われます。強制決済が行われた時点で損失が確定す…

記事を読む

No Image

FXの基本
基本的にFXは為替差益を狙った取引に適しています。その理由は色々ありますが、まず、何といっても為替手数料(スプレッド)が他の外貨商品よりも割安に設定されている点が…

記事を読む

No Image

FXの基本
一般的な外貨商品の多くが一方向の取引しか出来ませんし、必要となる運用資金は現金として用意しなければなりません。これでは、円安化にあるときしか利益をあげることは…

記事を読む

No Image

FXの基本
 FX取引をはじめたばかりのころというのは往々にして損切りを軽視しがちです。大きく相場が下げても買値に戻ると考えてしまうからです。中長期で投資されるのであれ…

記事を読む

No Image

FXの基本
基本的にFXは証拠金取引であるためレバレッジをかけることによって投資元本よりも大きな取引が出来るわけですが、レバレッジを基準に考えると取引自体が難しくなってしま…

記事を読む

No Image

FXの基本
金融市場が混沌としています。こうした状況下では英ポンドのような乱高下が激しい通貨をレバレッジを高めて取引するのは大変危険です。一瞬で数%動くそば展開が今後当た…

記事を読む

No Image

FXの基本
外貨投資を始めることによってリターンを得られるのは大きな楽しみの一つですが、外貨投資を行うことによって、より世界経済を身近に感じることができるようになります。…

記事を読む

為替変動リスクを避けるためのポイント

 
 
298.png
 
 
 
■為替変動リスクを分散するには?
 
 
もし、短期売買でFX取引を行うのであれば、為替変動リスクを避けるために取引通貨を分散する必要はありません。かえって取引自体を難しいものにしてしまいますのでオススメできません。
 
 
米ドル・円を中心に短期売買で為替差益を狙いつつ、中長期で高金利通貨を取引するのであれば良いのですが、短期売買のみであれば通貨分散する必要性は特に感じられません。
 
 
しかし、中長期でスワップポイントを狙って取り引きするのであれば通貨分散を行うべきだと思います。また、購入時期をずらすのも一つの手段だと思います。一度に資金を投入してしまうのは危険です。
 
 
 
 
 
■主要通貨の値動きの特徴とは?
 
 
何回かに分けることによって、例えば相場の予測が外れてしまったとしても失敗を防いでくれます。また、通貨の分散に関しては通貨によって値動きのパターンが異なりますので注意が必要です。
 
 
基本的に三大通貨である米ドル、ユーロ、円は同じ方向に動くことはありえません。ですので、ユーロと米ドルに分散しておくだけでも、よほど大きく動く場面に遭遇しなければ分散効果を期待できます。
 
 
もし、為替が予想以上に変動したとしても他の通貨でカバーすることができる可能性もあります。しかし、こうした動きを期待しすぎるのも危険ですので、いつでも逃げられるポジションを取るべきだと思います。
 
 
 
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ

FXは株のような時間的制約がありません!




■投資が当たり前の時代に!


2000年に入って小泉政権が誕生し、個人投資家の数が急激に増えました。


「貯蓄から投資へ」を合言葉に、これまで投資に無縁だった人たちの間でも浸透します。


ネット証券の誕生も支えとなり、株式投資や外貨投資が注目されることになりました。


過去において個人投資家が預貯金以外での資産運用するとなると株や投資信託が一般的でした。


外貨投資においては外貨預金が最も人気が高く、FXは本当にここ数年で人気が拡大したのです。


私は株式投資から投資をはじめたのですが、時間的に融通がきかないため煩わしを感じてました。


【PR】 FX取引はスプレッドで利益に大きな差がでます!






■株よりもFXのほうが自由度が高い!


実際に日本の株式市場が開いている時間帯は午前9時から午後3時までの6時間と非常に短いです。


しかも、午前11時から午後12時30分まで昼休みのため、この間は取引できません。


このため、実質取引できるのが4時間30分です。


会社に勤務されている方にとって、これでは取引するのは非常に困難です。


しかし、だからといって仕事中に株を取引するわけにはいきません。


もし、取引しているのが会社にバレたら大変なことになります。





■活況となる時間帯を狙って取引する!


一方、FXの場合はこうした時間的なリスクは一切ありません。


外国為替市場が世界中の国と地域をまたがって、24時間オープンしています。


ですので、いつでも好きなときに取引することができます。


もっとも活況となる時間帯を選んで取引することができます。


もっとも活況となるのがニューヨーク市場です。


日本時間の夜10時くらいにニューヨーク市場がスタートするのですが、午前1時くらいまでが
活況となりますので、仕事から帰ってきた後でも余裕を持って取引できます。


もし、朝早く仕事に出かけるため、時間が制限にされるのであれば、朝4時くらいに起きて、
小一時間くらい取引するだけでも十分満足できる取引が可能です。


ニューヨーク市場がクローズする時間帯でもありますので、この時間帯も相場が動きます。
ですので、自分の生活のペースを壊すことなく取引できるのもFXの大きな魅力です。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!



 カテゴリ
 タグ
 FX 

FXで勝てなくなった時にやるべきこととは



残念ながら人間は自分で考えている以上に弱い生き物でして、新しく始めることに対して恐怖感を抱き
ます。このため失敗を避けようと、あの手この手と繰り広げるわけです。

“FX”で月100万円儲ける私の方法



しかし、失敗を避けようという思いが強すぎることで、何でも完璧を求めることになります。


このため取引自体を難しいものにしてしまい、勝てる相場でも勝てなくなります。


FXを始めると最初のうちはとにかく分らないことだらけです。当然のことながら無我夢中です。


利益が出て喜んだり、損失を被って落ち込むといった具合に一喜一憂します。

これならわかる外貨投資のはじめ方



こういったことを繰り返しながら色々なことを学んでいきます。


しかし、同じことを繰り返しながら学び続けることはできません。今までやってきたことを客観的に
見る必要があります。距離を取ることも大切なんです。そうすることで反省点が見えてきます。


FXでは毎日必ず取引しなければいけないといったルールはありません。


「休むも相場」相場の格言にもあるとおり、お休みの状態に自ら身をおくことも大切なんです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



もしうまくいっていないのであれば、全てのポジションを閉じて、相場を眺めるだけの状態にしてみる
ことをおすすめします。相場を眺めるということは一切取引せず、相場をただ眺めるだけです。


この間は損することが一切ありません。つまりリスクはゼロです。こうすることによって、これまでの
トレード振り返るいい機会になります。反省することで新たな投資戦力が見えてきます。


世界的な金融恐慌により市場が混乱している現在の状況では、取引そのものが難しいでしょう。色々と
迷いが生じることが少なくないので、迷ったときは相場を眺めると良いでしょう。

残念な人のお金の習慣


 カテゴリ
 タグ
FX 

初心者はドル円からFXを取引しましょう


欧州の金融危機がついに新興国に波及し来年以降たいへんなことになりそうです。とくに韓国は、
資本移動の動きが活発化しています。しかも貿易依存度が強いため、経済が急速に縮小してます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義


金融市場がより混沌としているため、投機的な動きが活発化しています。


大口の機関投資家は生き残りをかけて必死です。


為替市場でもこうした傾向は強まっていますので、FXの取引そのものが難しい状況にあります。


こうした状況下でFX取引をはじめるのであれば、儲けること以上に損しないことを徹底すべきです。


また、少しくらい取引に慣れたからといって一日の相場で大きく動くポンドや新興国通貨を取引する
のはオススメできません。特に新興国通貨は危険です。

あなたのお金を10倍にする外貨投資術


先進国の通貨は金利が低いので、新興国の金利の高さに目が奪われるのも無理はありません。


しかし、ここ最近は先進国のマネーが大量に新興国へ出たり入ったりの動きが活発化している
ため、新興国経済は大きく混乱しています。このため為替も大きく影響します。


新興国通貨は上昇しやすい分、下落しやすい相場です。


一気にドカンといくことが年間を通じて頻繁に起こりますので、取引そのものが難しいです。


スワップだけを狙うとより為替差損を生じやすくなります。


ポジションを保有している間に大口の資金が本国に引き上げられるとバブルが崩壊します。


ですので、最初は取引そのものに自信がつくまではドル・円かユーロ・円で地道に取引されることを
おすすめします。大きな利幅が取れる通貨はその後でも遅くはありません。

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本


 カテゴリ
 タグ

迷わずFXを取引するための方法について


これほどまでに乱高下の激しい相場展開が続くと、迷いが生じやすくなります。そして、迷っている間に
大きく動いて飲み込まれてしまうのです。人は他人のこととなると冷静な判断を下すことができます。


しかし、いざ自分のこととなると、とたんに問題の本質が見えなくなってしまいます。例えば他人対して
は、あれほど見事なアドバイスができたにもかかわらず、自分が同じ問題を抱えると迷ってしまいます。


端からみているときには客観的な視点から色々見えてくるわけですが、いざ自分が当事者になってしま
いますと、自分中心に物事を考えてしまうので、冷静な判断が下せなくなってしまいます。


しかし、そうはいってもFXでは迷っている投資家に勝たせてくれるほどやさしくありません。相場はつねに
市場参加者の集団心理によって動かされるので、この集団心理に反する行動は跳ね除けられます。


また、相場の動きにあわせて取引するのは良いのですが、相場の動きに翻弄されてしまい、行き当たり
ばったりなってしまいます。これでは負けが込んで損失をひたすら拡大するだけです。


そうならないためにも、相場に入る前にどういった取引をするか戦略をねったうえで、その通りに取引を
実行します。実際に相場に入ってから色々と考えつくことよりも正しい場合が多いです。


この場合、重要なのは一度決めたルールは必ず実行することです。エントリーする場合は比較的守る
ことができるのですが、損切りや利確に関しては中々実行しませんので、自動売買で売買ルールに
沿って決済までの注文を入れてしまうのも一つの手です。
 カテゴリ
 タグ

スワップ金利による利息が得られる仕組み


日本の預貯金金利は15年以上にわたって超低金利状態にあります。これにより、一般市民の本来得ら
れるはずだった富が奪われしまったのです。例えば1990年には8%台にありました。


もし、1000万円銀行に預けていれば年間に80万円利息がついたわけです。定期預金で10年程度預け
入れていれば満期を迎える頃には倍になります。しかし、今ではほとんど利息はつきません。


ですので、金利の高い国の通貨で運用する外貨投資が注目を集めることになったわけです。FXの場合
はスワップ金利が外貨預金の金利に当たりますが、厳密には異なります。


スワップ金利は二つの国の通貨の金利差です。ですので、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を
買うことで得られる利息なんです。例えば円金利が0.25%で豪ドル金利が4.25%と仮定します。


その差は4%です。これに対して保有しているポジションに応じて1日換算で毎日付与されます。1万豪ドル
のポジションを建てて1年運用すれば400豪ドル利息として得られることになります。


取引会社にもよりますが、毎日280円程度のスワップポイントを得ることが出来ます。スワップポイントは
為替の変動の影響は受けません。例えば、1豪ドル=80円のときに買って1豪ドル=79円になっても
スワップポイントが250円になるということはありません。


この点は安心ですが、為替差損が生じると、それまでのスワップ金利による利息が吹き飛んでしまう可能性
が高いので、この為替差損に関しては十分注意する必要があります。


また、スワップ金利は買いポジションに関しては受け取ることが出来ますが、反対に売りポジションを建てて
いる場合は、逆にスワップ金利を支払わなければなりません。買いよりも売りの方が金額が高いです。
 カテゴリ
 タグ

週末の終値と週明けの始値が異なる理由


基本的にFXを取引できるのは、ウェリントン市場が営業開始し、ニューヨーク市場が終了するまでの
間です。日本時間では月曜日の明け方から土曜の明け方まで取引することができます。
 
 
そして、その時の終値と月曜の始値が一致しない場合があります。取引するにあたって疑問に思わ
れている方も少なくないと思います。世界各国の通貨が取引されている外国為替市場は、株のよう
に証券取引所がありません。市場とはいっても建物自体が存在しないのです。
 
 
また、FXは取引会社と個人投資家の間のやり取りとりによって取引されます。これを相対取引といい
ます。 意外に思われるかもしれませんが、世界で一番取引量が多いのがロンドン市場す。


その次がニューヨーク市場で、東京市場に続きます。しかし、繰り返しになりますが、外国為替市場は、
取引するための市場自体は実際には存在しません。各市場を取引されている時間帯をさすだけです。
 
 
ですので、仮にマーケットが営業していなくても銀行間同士の取引は実際に行なわれているのです。
実際に中東の地域では、宗教的な理由からか、土日も取引が行なわれています。


中東地域ではご存知のとおりテロがや、内乱が多い地域での生まれた場合は、地政学リスクが浮上
すると大きく動く時もあります。一方、基個人投資家は土日に取引することはできません。


しかし、驚くべきことに大口の機関投資家は土日でも取引を行っている場合もあります、繰り返しに
なりますが、世界中の銀行同士の取引は、土日も行なわれていますこういった理由により、週末に
つけた終値と週明けの始値が異なるのです。この点に注意する必要があります。
 カテゴリ
 タグ

長期運用の場合レバレッジは3倍以内で

 
FXはレバレッジをかけることで少ない資金でも大きな取引が出来る点が大きな魅力とされていますが、
レバレッジが大きくなればなるほど取引できるポジション量が大きくなるのでリスクも大きくなります。 
 
 
ですので、レバレッジを極端な水準にまで高めて、スワップポイントを得ようとする取引は一見合理的に
思えるかもしれませんが極めて危険な取引手法と考えることができます。


FXの人気に火がつき始めた2005年頃は米国の政策金利も上昇局面にあり、それにともなって米ドル
資産への投資が活発化しました。以来、2年ほどは非常に市場全体が安定していました。


実際に、長期間に渡って円安局面が続いたので、ドル・円やユーロ・円を比較的高いスワップポイントを
狙って高レバレッジをかけて取引することで確かに大きく儲けることができました。
 

しかし、幸せなときというものは、映画のように長くは続きません。長期間続いた円安局面が終わると
これまでどおりに高レバレッジを設定していた場合は大きな損失を被ることになりました。 
 
 
そして、為替は株式のようなはっきりとしたトレンドが発生しずらいので、中長期の相場の行方へを予測
するのが難しいとされています。ですので、中長期で取引するのであれば、実際にポジションを取るさい
は、レバレッジを3倍以内に抑えて取引しましょう。そうすれば大きく動いても、ある程度耐えられます。
 
 
為替差益を狙うのであれば、短期的なトレンドは比較的把握しやすいので、状況に合わせて各足を切り
替えながら相場を分析します。 そして、適切なタイミングを見計らってエントリーします。今現在、材料
に影響されやすい状況にあるだけに注意が必要です。
 カテゴリ
 タグ

FXは景気に左右されずに利益を狙えます

 

ついに日経平均株価が節目である1万1000円台を突破し、1万2000円台を目指す展開となっていま
すが、過剰流動性による上昇ですので、上昇局面が続くのが長くても今月一杯が限度だと思います。


5月以降は色々な問題が浮上することが予想されています。世界的に不況が続いているため、欧州では
暴動が活発化しています。こうした歴史的な不況時は株式投資が本当に難しいです。


基本的に不況時は、株の場合いくら取引している銘柄の業績が良くても地合いの影響から株価が下落
します。相場は売り手が圧倒的に多いので、現物株取引だけで利益をあげるのが難しいです。


 

一方、FXのような為替を取引する場合は、二国間の為替レートの値動きに対して投資しますので、仮に
一方の通貨が下がることになれば、もう一方の通貨は必然的に上昇することになります。


このため、もし仮に長期間に渡って不況が続いたとしても、今現在の豪ドルのようにドルやユーロ、円に
対して上昇する通貨も必ず存在するわけです。つまり、仮に世界中の国々の景気が大きく低迷したと
しても必ず上昇局面にある相場がある点もFXを取引するうえでの大きなメリットです。 


こうした恩恵が全ての外貨商品で得られるかというと、そういうわけにはいかないようです。外貨預金は
為替差益を狙って取引するにはあまりにも手数料が高すぎます。FXは外貨預金の為替手数料にあた
るスプレッドが格安なので相場の値動きを追いながら短期売買で利益を狙うことが出来ます。


そして、経済が悪化すると。その国の政策金利を利下げしますので、これにより利息が低下します。外貨
預金は景気の波に影響を受けやすいといえると思います。この点から考慮してもFXは優れています。

 カテゴリ
 タグ
FX 

FXは勝率にこだわると大きな失敗をします


基本的に短期売買で勝率にこだわる必要はありません。かえって勝率にこだわると一回あたり取れる
利幅が必然的に小さくなりますので、トータルで利益がだせなくなります。


為替ディーラーでさえも実際の勝率は5割〜6割程度といわれています。そうしたプロと称される方でも
長期間にわたって為替ディーラーとして活動できる人は少数に限られているのです。

 


実際にFXのうな為替取引では大きな損失を出さないことの方が重要なので、大きな失敗をしないため
にも、小さく負けるのが基本となります。我々個人投資家はルールに縛られず自由に取引できます。


ディーラーは最低のポジションは1本=100万通貨単位です。米ドルであれば100万ドルです。取引量
多いため、勝率にこだわると、仮に大きな損失を被るものなら大変なことになってしまいます。


このため、ディーラーには厳しいルールが設けられていますので絶対に守らなければなりません。例え
ば、一日に取れるポジションの量を決められています。また、ポジションを持ち越すことも厳禁です。


 

調子にのって、大きなポジションを取ってしまい、相場が反転したときに大きな損失を被ることになります。
ですので、ポジションを抱えたまま帰宅すると、帰宅中に相場が大きく動けば大きな損失を被ります。


そうならないためにも、色々と厳しいルールを設けているわけです。そういった姿勢を見習って、できるだ
け損失を抑えるためのルールを作成したうえで、それらに忠実に取引する必要があると思います。 

 カテゴリ
 タグ
FX 

迷った時は相場を眺めることも大切です。


FXを取引するのに限らず、人間誰しも新しく始めることに対して失敗に対する恐怖から、失敗を避けよう
避けようという思いが自然と強まり、取引そのものを完璧に行うことに必死になってしまいます。


FXを取引し始めたばかりのころというのは、とにかく分らないことだらけですので、文字通り無我夢中の
状態が続きます。運よく利益が出る場面に遭遇して、喜んだり、または、大きく損失を被ったりする場面
に遭遇したりといったことを繰り返しながら色々なことを学んでいきます。


しかし、ずっと同じことをやりながら学び続けるということはできません。一旦今までやってきたことに対し
て距離をとって客観的にこれまでの取引を反省することも非常に大切なのです。


FX取引を始めたからといって毎日必ず相場に入らなければいけないといったルールはありません。相場
の格言にもあるとおり、休むも相場といった状態に自ら身をおくことも大切なのです。


ですので、もし今壁にぶつかっている状態にあるならば、全てのポジションを一旦全て閉じて、相場を眺め
る必要があります。相場を眺めるとは文字通り、一切売買をせず、状況をただ眺めるだけです。


この間はポジションを一切建てないので損することが一切ありません。同時にリスクもゼロです。こうする
ことで、これまでのトレードを反省する良い機会にもなりますし、新たな投資戦力が見えてきます。


このため、市場が混乱していたり、相場が閑散としているため、取引自体が難しいと感じたら、色々と迷い
ポジションを速やかに閉じて相場を眺めることをおススメします。こうすることで損失を抑えるられます。
 カテゴリ
 タグ

FXを取引する場合トレンドに合わせて取引しないと利益をあげるのは難しいです。


仮に取引する通貨がユーロであろうと米ドルであろうとFXを取引して利益をあげるには、相場のトレンド
にあわせてポジションをとる必要があります。上昇トレンドにあるときには上昇トレンドにあわせた取引を、
また、下降トレンドにあるときには下降トレンドに合わせた取引を行う必要があるわけです。


トレンドの方向にあったポジションを取ることによって、必然的に利益をあげる可能性が高まるのですが、
そこで注意しなければならないのは、トレンドが変ってしまったときです。


上昇トレンドから下降トレンドになったときに、いつまでも上昇トレンドのと同じような格好で取引を繰り返し
ても利益をあげることは難しいでしょう。上昇トレンドは緩やかに価格が上昇するのに対して下降トレンド
は一気に下落します。値動きのスピードが下降トレンドにあるときのほうが速いのです。


相場に合わせて取引することができないと、結果として損失を膨らますことになってしまいます。ですので、
トレンドが変化する局面を見逃さないよう注意しなければなりません。


そして、強いトレンドを確認することができましたら、指値や逆指値のレートを引き上げたり引き下げたり
することによって利益を増やすことも一つの手です。実際に多くの方々が十分利益がでていないにも
かかわらず約定してしまい、反対に損切を先延ばしして損失を膨らましてしまう傾向が強いのです。


はっきりとしたトレンドが描かれている局面ではあせって手仕舞う必要はないと思います。逆に、トレンドに
逆らったポジションを取ってしまったが為に思惑と反対の動きを示した場合は速やかに損切しましょう。

FXの投資効果の高さを外貨預金と比較


FXは日本語で外国為替証拠金取引、もしくは、外国為替保証金取引といいます。ですので、基本的に
保証金と証拠金と呼び方が違うだけです。これらがFXのレバレッジ効果のベースとなります。


証拠金(保証金)をFX会社に差し入れることによって、実際の投資金よりも何倍も大きい金額の外貨を
売買できるのです。これがFXの投資効果が高いとされる仕組みです。


こういたレバレッジをかけて取引できるのは外貨商品の中でもFXだけです。FX以外の外貨商品、例え
ば外貨預金や外貨MMFなどの場合は、手持ちの資金以上の外貨を運用できません。


もし仮に、1ドル=90円のときに手持ちの資金が10万円しかない状態で運用できる外貨は1100ドル
程度です。当然のことながらこれ以上に大きな金額を取引することはできません。


一方、FXは手持ちの資金を証拠金として預けることによって、実際の運用資金の何倍もの額の外貨
を取引できます。(今現在FX会社によって400倍までレバレッジを高めることができます。しかし、
来年以降はレバレッジが25倍までに制限されることがすでに決定しています。)



例えば1ドル=100円のときに100万円で外貨預金を始めた場合は、1万ドル分のドルを購入できま
す。そして、1円円安になれば1万円の利益となります。しかし、手数料が片道で1ドルありた20銭
から1円程度かかりますので、相当円安が進まないと利益になりません。


しかし、反対に1円円高になると1万円の損失となります。一方、FXで100万円を証拠金として預けて
10万ドル取引したとした場合は、レバレッジを10倍かけたことになります。



この状態で1円円安になると10万円の利益がでます。反対に1円円高になれば10万円の損失を被り
ます。しかし、同じ条件で1回の売買で10万円の利益をだすことがFXであれば十分可能なのです。
繰り返しになりますが、投資効果の高さはFXが外貨商品の中では一番です。

 カテゴリ
 タグ

仮に相場が大きく動いて強制決済(ロスカット)になっても投資金はゼロにはなりません


基本的にFXは株の現物取引とは異なり、仮に損失が拡大したことで証拠金比率が一定のレベルを超え
てしまうと強制決済が行われます。強制決済が行われた時点で損失が確定することになります。


 

このため、投資元本(証拠金)以上に損失を拡大することを防ぐことができるわけです。こうした強制決済
のシステムがあることによって、投資元本以上に損失を拡大することは基本的にはありません。


しかし、0%というわけではないのです。サブプライムショックやリーマンショックのような世界の金融市場
が混乱するような事態が突然起こるとFX会社のシステムが対応できない場合もあります。


こうなると間に合わなかったゆえに投資元本以上の損失を被る可能性もあります。今回は「強制決済され
た場合どのようになるのか」について簡単ではございますが解説させていただきます。

 

もし、仮に1ドル=100円の時に取引口座に10万円を証拠金として預け入れ、米ドルを1万ドルを買った
場合には、レバレッジが10倍で100万円の取引をしたことになります。

 

そして、3日で92円まで円高が進み、一気に損失が8万円に膨らみ、証拠金比率が20%一気にを超え
てしまいます。ですので、この時点で強制決済となり、損失が確定されることになります。

 


しかし、強制決済されたとしても2万円は手元に残ります。ですので、強制決済されてもお金は残るわけ
です。強制決済されなければ、さらに円高が進む損失が拡大する可能性もあります。


 

FX取引会社の取引システムのルール上、一方的に強制決済されるので、非常に投資家にとって不利に
感じるかもしれませんが、強制決済には、こういった投資家保護の面もあります。

 カテゴリ
 タグ

売り買いによるスワップポイントの仕組み


基本的にFXは為替差益を狙った取引に適しています。その理由は色々ありますが、まず、何といっても
為替手数料(スプレッド)が他の外貨商品よりも割安に設定されている点が大きいです。


また、レバレッジによる小額資金でも取引できる点があげられます。しかし、FXはこうした為替差益以外
にも利益を狙った取引ができるのです。それは実際に取引される通貨間の金利差によって発生する
スワップポイントです。ポジションを建てている間は毎日加算されます。


所詮は通貨間の金利差なので外貨定期預金の金利よりも良くはありませんが、FXの場合はレバレッジ
により実際の投資元本よりも大きな取引ができるので、外貨預金よりも優位に取引ができます。


一方、取引にかかわるスワップポイントの仕組みについて若干触れさせていただきますと、基本的に売り
で取引されている場合にはスワップポイントを取り引き会社に支払わなければなりません。


例えば豪ドルを売りで一万通貨取引される場合は、一日約80円程度のスワップポイントを支払わなけれ
ばなりません。年間にして2万9,200円支払わなければなりません。


売りで仕掛ける場合は買いより短期決戦で挑まなければならないので、1年も売りのポジションを取ること
はありえません。売りの場は短気決戦が基本でスワップポイントはマイナスとなると覚えておいて下さい。


スワップポイントは毎日確実につきますので、魅力的に感じるかもしれませんが、基本的には為替差益を
メインに取引すべきです。スワップポイントを狙って取引したために大きな為替差損が生じるケースが多い
からです。そうならないためにもスワップポイントはオマケ程度に考えると良いでしょう。
 カテゴリ

FXの投資効率の高さと注意点について


一般的な外貨商品の多くが一方向の取引しか出来ませんし、必要となる運用資金は現金として用意しな
ければなりません。これでは、円安化にあるときしか利益をあげることはできません。


しかし、FXの場合はこういった問題もクリアにになります。例えば、FXであれば小額の投資金から、大き
な利益を手にすることも夢ではないのです。これがFXのような証拠金取引の大きな魅力です。


証拠金取引とは具体的にどういったものかといいますと、FX取引会社に対して、取引するために必要な
証拠金(担保)を差し入れます。これを元手にして数倍の取引がFXではできるのです。


例えば10万円の元手で100万円の取引ができます。また、FX取引会社によっては、10万円で数千万
円規模のポジションを建てて、現実に取引することができます。


ですので、FXは少ない資金で大きな取引が可能となり、それにともなった利益を得られるチャンスがある
わけです。資産を増やす上では有効な手法の一つだと思います。


ただし、注意しなければならないのは、利益がでる場面では、大きな利益を手にすることができるかもしれ
ませんが、損失を被る場面では、相当の損失を被る可能性があります。


損失を被る場面に遭遇した場合は、できるだけ損失を抑えるために、早い段階で見切りをつけて、ポジシ
ョンを閉じて、次の投資機会に取引を移行する必要があるわけです。

 カテゴリ
 タグ
FX 

小さく勝って大きく負ける原因について

 

FX取引をはじめたばかりのころというのは往々にして損切りを軽視しがちです。大きく相場が下げても
買値に戻ると考えてしまうからです。中長期で投資されるのであれば問題ないかもしれません。


しかし、短期売買で為替差益を狙うのであれば損切りすべきところで見送ってしまうと相場が戻るまで
の間は動けなくなってしまいます。その間の投資機会の損失は非常に大きいです。


仮に相場が戻ったとしても、それまでの分を取り戻そうと欲がでてしまい、相場がさらに大きく上昇する
ことを期待してしまいます。結果として短期売買が中長期投資になってしまっては本末転倒です。


FX取引を始めたばかりの頃にビギナーズラック的に勝ち続けると後々になって損切りができないことが
重荷になります。理由は徐々にトレード枚数が大きくなるからです。


最初のころは1万通貨で取引していたのが徐々に2万通貨、3万通貨といった具合にポジションを大きく
して投資効果をさらに高めようとします。ここで問題となるのが一回あたりの損失額も大きくなる点です。


気がついたら投資金が半分になっていたなんてことになりかねません。ここで相場が思惑通りに動かな
かったにもかかわらず、相場が戻すことを期待して損切りを見送ってしまうと大変なことになります。


相場は相場の意思に基づいて動くので一個人投資家のために動いてくれません。期待すればするほど
精神的に苦しくなります。そうならないためにも損切りは徹底する必要があります。

 カテゴリ
 タグ
FX 

トレード枚数を設定する方法について


基本的にFXは証拠金取引であるためレバレッジをかけることによって投資元本よりも大きな取引が出来
るわけですが、レバレッジを基準に考えると取引自体が難しくなってしまいます。


例えば「レバレッジは何倍が適切なのか?」といった具合です。それよりも、どれくらいに損失許容額を
おくか考えた方が適切なポジションを取って取引することができます。



当然のことながらFX取引で勝ち続けることはできません。必ず負けるときがあるのですから負けたときに
どれくらい損するのか考えないで取引してしまうと意味も無く損失を膨らましてしまいます。



ですので、実際にどれくらいのポジションを建てて取引するのか考える場合、一回の取引でいくらくらい
まで損しても良いのか考えます。1万円以上は損したくないのに10万通貨も取引できません。



ですので、1万通貨程度で取引すべきとなります。これに対して証拠金をいくらくらい用意するかにより
かけられるレバレッジも決まります。つまり、許容損失額で全てが決まるわけです。



後は損失許容額に合わせてストップ注文を入れます。損切りは徹底しなければなりませんので、必ず
エントリーするのと同時に入れるわけです。そして、絶対に動かしてはいけません。



例えばドル・円を90円で買いでエントリーしたら、同時に50銭下の89円50銭でストップを入れるので
すが、相場状況に応じて損切り幅を決めます。こうすることで精神的にも余裕を持って取引できます。

 カテゴリ
 タグ
FX 

大きく動く通貨は初心者は手出し無用!


金融市場が混沌としています。こうした状況下では英ポンドのような乱高下が激しい通貨をレバレッジを
高めて取引するのは大変危険です。一瞬で数%動くそば展開が今後当たり前になるかもしれません。


確かに相場が大きく動くのは上手く相場の流れに乗ることができれば大きな利益を狙うことができます。
しかし、反対に損失を被る場面では適切なタイミングで損切りできないと必然的に痛手を被ります。


第二次世界大戦前までは英ポンドは基軸通貨だったわけですが、イギリスからアメリカに覇権がシフト
されるのと同時に基軸通貨としての地位もアメリカ側にシフトされることになりました。


外国為替市場で英ポンドは米ドル、ユーロ、円に次ぐ取引量を誇っています。このため比較的ニュース
からの情報が入りやすい点からも投資するメリットは高いですが、FX初心者には向いていません。


2007年前半までは高い金利水準を維持していたのでスワップポイントを狙った取引も有効とされていた
わけですが、リーマンショック以降は歴史的水準にまで金利が利下げされています。


アメリカは公定歩合を引き上げましたが、イギリスは住宅バブルの崩壊によって、かつての日本のように
強引に利上げしてしまうと、経済のバランスが一気にくずれてしまうため利上げできません。


つまり、当面はスワップポイントを狙って取引することはできないわけです。為替差益を狙うにしても投機
筋による執拗な売り攻撃が活発に行われている状況ですから、手を出さないほうが賢明ですが、それで
も取引したいと考えているのであれば、証拠金率を高めて取引されることをオススメします。

 カテゴリ
 タグ
FX 

FXの収益の仕組みと取引するポイント


外貨投資を始めることによってリターンを得られるのは大きな楽しみの一つですが、外貨投資を
行うことによって、より世界経済を身近に感じることができるようになります。


といいますのも外貨投資を行うにあたり、それなりの知識が必要になります。ですので、必然的
に勉強しなければならなくなります。何も考えずに外貨投資を始める人は少ないです。


そして、リスクをとらなければならないので、書籍や雑誌を読んだ時点で諦めてしまう方が少なく
ありません。リスクを抑えながら投資する方法を学ぶ手前で挫折してしまうわけです。


また、投資対象が通貨であるがゆえに軽く考えてしまうのも危険です。株式投資の場合であれ
ばしっかりと投資対象の銘柄の企業業績をはじめとした入手可能な様々な情報を分析します。


通貨でも同様のことを行わなければなりません。通貨というのはその国の力を反映しているわけ
ですから、その国がどういった国なのかということを知らないと投資自体が混乱します。


ですので、実際に外貨投資を行うのであれば、まず投資する通貨を発行する国の基本的な情勢
や国力などをしっかりと調べなければなりません。この視点が投資では重要視されます。

 カテゴリ
 タグ
FX 
さらに詳しく調べる
Google


 検索例  

FX スプレッド 比較 などと入力

メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム


btn_msg.gif
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FXから始める外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。