外国為替の仕組みのカテゴリ記事一覧

FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:外国為替の仕組み

外国為替の仕組みのカテゴリ記事一覧。FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。
No Image

外国為替の仕組み
例えば自動車メーカーや家電メーカーなどの輸出企業の場合は、円高が進むと為替差損を被ることになりますので、業績にとってマイナスの影響がその分重くのしかかってきま…

記事を読む

No Image

外国為替の仕組み
 FOMCも無事通過しました。景気が回復傾向にあることをエサに利上げを強要する圧力が高まっていたので、利上げが行われるかと思っていたのですが、時期尚早というこ…

記事を読む

No Image

外国為替の仕組み
外国為替とは日本を中心に考えた場合は日本の通貨である円を外国の通貨とを両替することをさします。アメリカであればアメリカの通貨である米ドルと外国の通貨と両替しま…

記事を読む

No Image

外国為替の仕組み
 今現在、米国のクレジット市場が崩壊したことにより、米経済だけでは無く、世界各国の経済が後退局面入りしたことによって、残念ながら世界的に株安な状態が続いて…

記事を読む

No Image

外国為替の仕組み
FX取引が行なえるのはニューヨーク市場がオープンしている日本時間の土曜の明け方までですが、その時の終値と月曜の始値が一致しないことに対して疑問に思われている方…

記事を読む

円高により得したり損したりする仕組み


例えば自動車メーカーや家電メーカーなどの輸出企業の場合は、円高が進むと為替差損を被ることに
なりますので、業績にとってマイナスの影響がその分重くのしかかってきます。


しかし、逆に輸入企業の場合は逆に業績にとってプラス要因となります。そして我々の日常生活に最も
密接に関わるのが輸入企業、電力会社、ガス会社などがあげられます。


「輸入品が高くなると物価があがるのは分かるけど、何で電力会社なの?」と、思われるかもしれません。
しかし、電力会社は電気を起こす為に海外から原油を、ガス会社は液化天然ガスなどを輸入しています。


日本は原油やガスなどの大半は海外からの輸入に頼っていますので、これらの原材料価格はドル建て
になります。したがって円高が進めば、その分だけ円建ての原材料購入価格が安くなりますので、こう
したことから電力会社やガス会社の業績にとってプラスに働きます。


ところで「円高差益還元」という言葉はだれもが耳にしたことがあると思いますが、円高が進んだとき電力
会社やガス会社が月々の電気料金やガス料金を値下げすることがあります。


円高が進めば、原材料の調達コストが下がるため、電力会社やガス会社は利益が膨らむことになるの
です。もちろん電力会社がガス会社以外でも「円高差益還元」と煽るように製品の販売価格の値下げ
などをはじめとして、消費者に対して還元するケースもございました。


また、電力会社やガス会社は「燃料・原料費調整制度」と呼ばれる制度に従って、4半期に1度のペース
で、燃料費や原料費の変動に応じて電力料金やガス料金の料金設定を見直すのです。


例えば、電力会社が、電気をおこす為の原油、LNG、石炭などを利用しますが、原油なら1キロリットル
あたり、LNGおよび石炭であれば、1トンあたり四半期ごとの平均価格を求めます。


それに一定の係数をかけて算出される平均燃料価格が1万3800円を下回るとマイナス調整(電気料金
値下)されますが、1万3800円から1万5200円の範囲内に収まれば、価格調整は行われません。
 カテゴリ
 タグ

米ドルと各通貨の力関係を見て取引する

 

FOMCも無事通過しました。景気が回復傾向にあることをエサに利上げを強要する圧力が高まっていた
ので、利上げが行われるかと思っていたのですが、時期尚早ということで見送られました。


2008年に金融危機が米国をはじめ世界経済を襲ったことによって米国の政策金利にあたるFFレートが
過去最低の水準にまで利下げさされました。そうなると米ドルは信用不安から売られます。



これにより、ドル安が進んだことによって、米国は不均衡とされていた、貿易面で有利に展開することに
なります。しかし、長期化したり、さらに円安が進むことにでインフレ化が進むことになります。


米国は基本的に自国で自給自足できる国です。エネルギーも食料も豊富にあります。仮に米国が財政
赤字がさらに膨らんだことによってデフォルトしても再生への道は以外に早いと思います。


そうなると、ドルとアメリカ経済を切り離されることになります。発行する側の力がより増すことになります。

これまでは、大量のドルを発行するために、米国債を刷って引き受け先お確保に奔走しました


これまで米国の国債を大量に引き受けていたのが日本と中国です。中国は外交手段として上手く外貨
準備高を使っています。何かアメリカから仕掛けられると、すぐさま米国債を大量に売ります。


日本もそうすれば良いのですが、それが許されていません。しかし、これまで大量にドルを刷ることが
できたのは、日本が米国にいわれるままに、大量に米国債を引き受けてきたからです。しかし、日本
もこれ以上は米国債を買い支えることができませんので、米国はインドなどにもアプローチしてます。


こうした動きは為替の変動だけではなく、物価にも大きく影響します。ドルが強くなれば物価は上昇し、
反対にドルが弱くなれば物価は下落します。これはあくまでも輸入に頼る部分での話です。


ですので、今後どんなに米国経済が悪化して、国際的に信用を失ったとしても、米ドルが世界の中心
であることには変りありません。ドルの価値は毎年目減りすることはあっても、急に消滅する可能性は
低いと思います。とにかく今後も米ドルとの力関係をみながら各通貨を取引する必要があります。

 カテゴリ
 タグ

外国為替市場で行われる取引の仕組み


外国為替とは日本を中心に考えた場合は日本の通貨である円を外国の通貨とを両替することをさします。
アメリカであればアメリカの通貨である米ドルと外国の通貨と両替します。


つまり、2国間の通貨を両替することです。そして、実際に外国為替が取引されているのが外国為替市場
です。外国為替市場は東京、ロンドン、ニューヨークが世界の3大市場といわれています。


そして、全世界50ヶ所以上に存在します。面白いのは外国為替市場は取引される時間帯を表す名称の
ことであって、株式市場のように取引所のようなものがありません。


ですので、東京外国為替市場を見学に行こうと思っても、実在しないので所在を表す住所もありません。
また、外国為替市場の電話番号を調べても当然のことながら届出がないので分かりません。


外国為替は一体どのような形で取引が行われているのかといいますと、世界中の銀行同士が取引して
いるんです。銀行には為替を取引するためのディーリングルームが存在します。


ここで、銀行のディーラーが電話や専用の端末を利用して外国為替の取引が行われています。時差の
関係から24時間どこかしらの市場がオープンしているため24時間取引できるわけです。


そして、外国為替市場は他の金融市場を全くよせつけないほど取引量が多いんです。何といっても1日
の平均出来高が3兆米ドルが超えていますので、流動性の高さも大きな魅力の一つです。


こうした利点を個人投資家もFXを通して享受することができます。外貨預金や外貨MMFは銀行や証券
会社が営業しているときにしか売り買いができませんが、FXであれば24時間可能です。

 カテゴリ
 タグ

為替市場に流れる情報に翻弄されない

 
今現在、米国のクレジット市場が崩壊したことにより、米経済だけで
は無く、世界各国の経済が後退局面入りしたことによって、残念なが
ら世界的に株安な状態が続いております。



特に、安全資産を求めて大きく乱高下する場面では、ヘッジファンド
をはじめとした短期筋による動きが活発化されます。



そして、こうした傾向が為替市場でも顕著にみられ、実際にユーロは
誕生してからもっとも大きな値幅をつけて下落しています。



今年前半までは欧州中央銀行(ECB)の要人はインフレリスクから
利下げを示唆する発言を公の場で繰り返していました。



しかし、今では景気後退を煽りをもろに受ける格好でデフレ化が進ん
でいることから利下げ観測が高まっている状況です。



すでに同じような状況下にあった英国では50年ぶりとなる低水準に
まで利下げが実施されることになりましたので、欧州でもこうした動
きが連動する可能性が高まっています。



こうした状況下で注意したいのが、突発的に作為的な情報が市場にて
流され市場全体を混乱させようとする動きです。



大きく動揺したところ仕掛けて大きな利益を得ようとするわけですが、
後になってあれはなんだったんだと思う場面に遭遇する可能性が高い
ので翻弄されないように注意する必要があります。



特に注意したいのが、米国の証券会社が流すレーティングです。大き
く株が売られることで、為替も大きく動きます。こうした突発的な動きに

対応できるようなポジションを取る必要があります。

外国為替市場は週末も動く理由と仕組


FX取引が行なえるのはニューヨーク市場がオープンしている日本
時間の土曜の明け方までですが、その時の終値と月曜の始値が

一致しないことに対して疑問に思われている方も多いと思います。
 
 
 
実際に、各国の通貨が取引されている外国為替市場では、株式の
売買が行なわれる証券取引所のようなものが存在しません。
 
 
 

ですので、実際のFX取引は為替取引会社と個人投資家の間のやり
取りとりによって行なわれることになります。

 
 
 

これは為替取引が相対取引といって銀行でもFX取引会社でも個人
投資家との間で取引が行われるのです。

 
 
 

世界で一番取引量が多いのがロンドン市場で、その次がニューヨー
ク市場で、東京市場と続きます。しかし実際には市場自体は存在し
ないので各市場を中心に取引されている時間帯をさすだけです。

 
 
 

このため、上述した市場がオープンしていなくても銀行間同士での
取引は実際に行なわれているのです。

 
 
 
実際に中東の地域では土日も取引が行なわれており、中東地域に
てテロなどの地政学リスクが浮上すると大きく動く時もあります。
 
 
 

基本的に個人投資家は土日に取引することはできませんが、大口
の機関投資家は土日でも取引を行っているようですし、繰り返しに
なりますが、世界中の銀行同士の取引は土日も行なわれてます

 
 
 

上述させていただいたような理由から、週末の終値と週明けの始値
が異なるのは自然のことだとご理解いただければ幸いです。

 カテゴリ
 タグ
さらに詳しく調べる
Google


 検索例  

FX スプレッド 比較 などと入力

メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム


btn_msg.gif
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FXから始める外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。