その他のカテゴリ記事一覧

FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。
No Image

その他
【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」今回は、「くりっく365」と一般のFXとの違いについて解説させていただきたいと思います。「くりっく365」は取引所…

記事を読む

No Image

その他
ギリシャ危機により連日のように乱高下激しい相場が展開されています。、日本経済が他国と比較した場合に多少なりとも良い状況にあったため、対円に対してユーロをはじめ…

記事を読む

No Image

その他
 株式主導で景気が回復に向いつつありますが、依然として油断はできません。リーマンショック以降、米国のクレジット市場が崩壊したことで、世界経済を牽引していた…

記事を読む

No Image

その他
ギリシャ問題やアイスランドの火山噴火などで混乱が続くユーロですが、依然として楽観視する声が広がっています。こうした背景には世界中の株式市場が回復に向っているこ…

記事を読む

No Image

その他
これから本格的にFXを始めようと検討されている方の多くが、為替相場が変動することによって得られる為替差益を狙ったデイトレードのような短期売買を実践したいと考えて…

記事を読む

No Image

その他
悲しいことに、ここ数年でFXを取引する投資家の数は飛躍的に拡大したわけですが、それにともなって、取引上のトラブルが増えています。大事な資産が大きく目減りする可能…

記事を読む

No Image

その他
レバレッジはFXを取引するうえで大きな魅力の一つです。実際にレバレッジをかけることにより、少ない元手に対して、大きなポジションを取引することができます。極端すぎ…

記事を読む

No Image

その他
基本的に独自の通貨が発行されているということは、その国が独立した国家であることを意味しているわけでして、必然的に外国為替市場での通貨の取引状況がその国の置かれ…

記事を読む

No Image

その他
ありがたいことにFX会社の顧客獲得競争が激化しているおかげでFXの取引コストは年々低下してます。実際にFXの店頭取引の場合は手数料が無料のところが圧倒的に多いです。…

記事を読む

No Image

その他
日本では未だかつてないほど投資熱が高まっています。世界経済が大きく後退したことにより景気が悪化している中で、財政悪化、年金問題などで先行きに対する不安が広がっ…

記事を読む

No Image

その他
2008年の7月までは160円台にあったユーロが既に120円台にまで下落しています。世界的な金融危機による今回の暴落により、外債で長期で運用している方は心配さ…

記事を読む

くりっく365と一般のFXとの違いについて



【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」


今回は、「くりっく365」と一般のFXとの違いについて解説させていただきたいと思います。


「くりっく365」は取引所にて為替を先物として取引されています。


ここでは一般の投資家は取引できません。クリック365を取り扱っている取引会社か証券会社
を介して取引することができます。くりっく365の基本母体は東京金融取引所です。


今現在複数のFX会社や証券会社が参加しています。


くりっく365を取引することを取引所取引といいます。


一方、一般の取引会社を通じてFXを取引することを店頭取引といいます。


取引業者がくりっく365に加盟するには厳しい条件をクリアしなければなりません。


このため、くりっく365を取り扱っている取引会社や証券会社は信用面が高いということです
ので、安心して取引できます。これは大きなメリットの一つです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



また、取引についてですが、一般のFX会社を通じて取引するのと微妙に異なります。


くりっく365は複数の業者が取引所が提示する価格から、投資家にとってもっとも有利な価格
を取引所の方で独自に合成するため、基本的に価格はどの会社を通じて取引しても同じです。


一方、一般のFX会社の場合は取引手数料やスプレッド(為替手数料)を各FX会社独自に決めること
ができるので、実際の取引価格は取引される業者によってそれぞれ異なります。


同様に、スワップポイントも異なります。一般のFXを取引される場合は仮に同じ通貨を取引した
としても、買いよりも売りのスワップポイントの方が大きいです。


そして、この差額も取引会社の利益になります。


一方、くりっく365の場合は、実際に取引された通貨のスワップポイントは売りも買いも同じ
です。取引できる通貨も少なく、また、手数料も割高ですが、税制面で優遇されています。


これもくりっく365の大きなメリットです。


【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!


 カテゴリ

中長期での外貨投資は当分控えましょう


ギリシャ危機により連日のように乱高下激しい相場が展開されています。、日本経済が他国と比較した
場合に多少なりとも良い状況にあったため、対円に対してユーロをはじめとした他国通貨が大きく売ら
れることとなり、円にシフトする動きが強まったので歴史的なレベルにまで円高が進みそうです。


こうしたことから、第二の基軸通貨としてこれまで捉えられていたユーロに対する疑問の声も広がった
のですが、ユーロ防衛策が成立したのは良いのですが、もし、ギリシャ、ポルトガルの国債がさらに
一段格下げされるようなことになりますと、欧州連合も支えきれなくなる可能性が高いです。


ですので、ユーロに関しては、ここにきて一部欧米のメディアでは、崩壊する可能性まで示唆する報道
が同道となされていますので、今後もここを付いて投機的な売買を仕掛けてくると思います。


そうなると個人投資家は根こそぎやられてしまうので、ポジションを建てるさいは、その点を十分考慮し
たうえで取引する必要があります。不安に思うのであれば取引は控えてください。


負けると思っていたら、まず勝てません。世界的に信用不安が低下しているため、ユーロも米国や英国
のように量的緩和も辞さない構えを示しています。これで外貨投資の魅力はさらに低下します。


金利の高い豪ドルで外貨預金やFXを検討されている方は、どうぞ控えてください。ユーロ以上に乱高下
の激しい投機的な相場展開がこれから夏に向かって展開される可能性が高いです。


外貨投資の魅力に高い金利による利息があげられます。しかし、上述した理由から通貨を保有するだけ
で金利がつく外貨投資の魅力はしばらくというか、当分の間はお預けです。
 カテゴリ

新聞やテレビなどの報道を鵜呑みにしない


 株式主導で景気が回復に向いつつありますが、依然として油断はできません。リーマンショック以降、
米国のクレジット市場が崩壊したことで、世界経済を牽引していた米国経済が疲弊したため、世界中
の国や地域の経済活動が混乱しています。ギリシャの財政問題も以前混乱した状態が続いてます。


そうした中で安全資産を求めて債券取引の売買が活発化しています。相場が動くところを狙って株式
と債券市場を行ったり来たりしながら、利ザヤを稼ぎながら業績を短期間で回復させています。


こうした傾向が為替市場でも顕著にみられ、実際にユーロは誕生してからもっとも大きな値幅をつけて
下落しています。暴落と暴騰を繰り返しながら、何とか今の水準を保っています。


また、欧州地域が混乱していることもあって、今年に入ってから欧州中央銀行(ECB)の要人の存在が
薄くなっているように見受けられます。事実これほどまでユーロ諸国の経済が混乱しているにもかかわ
らず、トリシェ総裁の発言がメディアで報じられる回数が数年前よりも確実に減っています。


今後どのような展開になるか予想できませんが、少なくとも近い将来ボルガールールによって、こうした
行き過ぎた証券取引に規制が入るので、投機的な動きも制限されることになりそうです。


日本国内ではデフレ化から依然として回復する兆しが見えていません。世界の歴史を振り返っても、
かつてデフレを克服した国はありません。バラマキと緊縮を繰り返し経済を蝕んでいきます。


こうした状況下で注意したいのが、突発的に作為的な情報が市場にて流され市場全体を混乱させよう
とする動きです。例えばユーロではギリシャだけでなく、フランスも財政破綻の可能性が高いとされて
います。どうみてもユーロの状況は一刻の猶予も無いほど疲弊しています。


しかし、欧州のアナリスト達はメディアを通じて「日本が財政破綻する可能性が高い」と、いったように
混乱させようとしているわけではないかもしれませんが、恣意的な報道が少なくありません。


大きく動揺したところ狙って仕掛けくるわけですが、大きく市場が混乱するような場面では大きな利益を
狙えます。ですので、場合によっては著名人を使って情報を錯乱させようとしますので、後になってあれ
はなんだったんだと思う場面に遭遇する可能性が高いと思います。


テレビや新聞などのメディア報道を鵜呑みにするのは大変危険ですので注意してください。習慣化して
いるので、難しいとは思いますが、こうしたメディアに対して見方を変えるときがきたようです。

 
 カテゴリ
 タグ

中長期でFXを取引するのが危険な理由


ギリシャ問題やアイスランドの火山噴火などで混乱が続くユーロですが、依然として楽観視する声が広が
っています。こうした背景には世界中の株式市場が回復に向っていることが要因としてあげられています。


日本も米国も節目とされていた水準を上回ったため、両国で景気回復が本格化していると分析する向きが
高まっていますが、実体経済は相変わらず良くありません。これは日本も米国もおなじです。


また、日本の製造業がリコール問題だけでなく、韓国や中国企業の対等で憂目にあっています。そして、
ダムや原発施設などのインフラ整備に関しても受注を受けられなくなってきています。


恐怖感を煽っているのではなく、あまりにもメディア報道が偏っているので、混乱することなく冷静に現状
をしっかりと分析する必要があります。これから夏にかけて悪材料が沢山でてくる可能性があります。


こうした状況下で中長期でFXを取引するのは得策とはいえません。すぐに損切りすることができるので
あれば、良いですが、損失を耐えてしまう傾向が強いのであれば、しばらく様子見に徹するべきです。


これまでは、日本経済が他国と比較した場合に多少なりとも良い状況にあったためドルが大きく売られ
る場面では円にシフトする動きが強まり、歴史的な水準まで円高が進みました。


そして、、第二の基軸通貨であるユーロに対する疑問の声も広がりました。今後大暴落するのではないか、
といった予測が世界的なエコノミストやアナリスト達の間で広がっています。


ですので、スワップ金利を狙って通貨を保有するだけのFX取引は、しばらく控えるべきです。一定の取引
量を保ちながら、短期売買で取引し、利益は再投資せずに出金するような取引が良いでしょう。

 カテゴリ
 タグ
FX 

FXでデイトレードを実践した場合のメリットとデメリットについて解説しています。


これから本格的にFXを始めようと検討されている方の多くが、為替相場が変動することによって得られる
為替差益を狙ったデイトレードのような短期売買を実践したいと考えています。


実際にFXの場合は株以上にこうした短期売買との相性が非常に良いです。デイトレードは基本的に売買
を頻繁に繰り返すことによって小幅の利益を着実に積み上げていく売買手法です。


FXは取引コストが非常に割安であるため、こうした取引でも儲けることができるわけですが、決して、まと
まった利益をあげるのが早いわけではないんですが、儲かりやすいイメージがあるようです。


デイトレードの場合、投資に必要とされる知識はそれほど必要とされていません。また、当日で全て決済
するので、仮に週末に米国市場にて、とてつもない悪材料が発表されても安心です。


しかし、デイトレードは値動きの荒い通貨でないと利益をあげるのが難しいというか、面白みにかけること
になります。ですので、多くのデイトレーダーがドル円よりもポンド円を勧めるわけです。


また、瞬時の判断が必要なので損切のタイミングがエントリーのタイミング以上に重要視されます。一瞬
でもためらうと大きな損失を被ります。そして一気に挽回しようとするのですが、熱くなりすぎると冷静な
判断がくだせなくなりさらに負けがこんでしまいますので注意が必要です。


こうしたことから、デイトレードはいかに自分自身の精神状態をコントロールするかが重要視されます。
なぜなら、個人投資家の多くが日中は仕事や勉強でで忙しく過ごしているため、帰宅して疲れている
状態でデイトレードを行うというのは、なれないと大変つらいものがあります。

 カテゴリ
 タグ

相場では自分を守れるのは自分だけです。


悲しいことに、ここ数年でFXを取引する投資家の数は飛躍的に拡大したわけですが、それにともなって、
取引上のトラブルが増えています。大事な資産が大きく目減りする可能性があるので注意が必要です。


基本的に投資の世界は、自分の身は自分でしか守ることができません。ですので、仮に相場が大きく
動いたことにより投資金の全てを失ったとしても、生活に影響しないようにしなければなりません。


ですので、人生をかけて一発逆転を狙うような取引は絶対に控えるべきです。大きく損すると、お金だけ
でなく、当座の生活は勿論のこと、仕事も手につかなくなるなど、色々な面で苦しくなります。


実際に相場では理不尽なことが当たり前のように起こります。とくにFXのような外国為替を取引する金融
商品は、様々な要因によって価格が変動するため、ありえないような事件(9.11事件、リーマンショック
など)が起こると、常識ではありえないほど大きく価格が変動します。


 

自分にとって都合のよい値動きをしてくれるのであれば問題ないのですが、多くの場合は損失を被ること
になる動きを見せる場合が多いので注意しなければなりません。


 

というのも、多くの方がFXのような金融商品を取引する場合は事前に書籍や雑誌などで、いかにFX取引
で大きな利益をあげることができるかという一点に注目して取引を始めています。


 

家庭の主婦の方が育児や家事の片手間に毎月100万円以上の収益をあげているという記事を見れば
誰でもFXを取引すれば簡単に取引できるのではないかと錯覚してしまうのも無理はありません。


 

しかし、大きく損をするというリスクが潜んでいることを常に意識してとりひきしなければならないのです。
預貯金のように元本が保証されているわけではなないので、なおさらのこと注意が必要です。

 カテゴリ
 タグ

2011年レバレッジが最大25倍に規制されると恐らくこのような問題が発生します。


レバレッジはFXを取引するうえで大きな魅力の一つです。実際にレバレッジをかけることにより、少ない
元手に対して、大きなポジションを取引することができます。極端すぎるとは思うのですが、取引会社に
よっては400倍までレバレッジをかけて取引することができます。


過剰なレバレッジをかけて人生一発逆転を狙うような取引を繰り返し行う人も中にはいます。相場が安定
している場合は良いのですが、サブプライムショックや、リーマンショックのように相場が大きく動くと、
最悪の場合はロスカットがかからずに元手よりも大きな損失を被る場合があります。


実際に当時は、大きな損失を被ってしまったため損失分を支払うことができない投資家が続出し、FX会社
も破綻に追込まれるケースが発生しました。メディアでも大きく取り上げられました。


こういった過剰なレバレッジをかけて取引する投資家を抑えるために、ついに、金融庁は正式にレバレッジ
を2011年を目処に最高で25倍に規制する方向で動きました。


また、その前の段階で今年の夏にも50倍まで制限される予定になっています。これには投資家以上に
FX会社が困惑しています。というのもシステムを大幅に変更しなければならないからです。


簡単なようで時間もコストも大きくかかりますので、システムを変更する過程において色々な問題が出て
くきます。もし、金融庁が指示するとおりにシステムを変更できないと営業停止となる可能性もあります。


長引く不況のなかで、こうしたシステムを再構築するための費用を捻出するのも容易なことではないので
場合によっては含み損がでている状況下で取引している業者がいきなり営業停止なるかもしれません。


そうなってしまうと、強制的に損失を確定しなければならない可能性も十分あると思いますので、今後は、
これまで以上にFX会社の信用度が問われる時代になりそうです。

 カテゴリ
 タグ

為替相場では経済的に強い国の通貨は買われますが弱い国の通貨は売られます


基本的に独自の通貨が発行されているということは、その国が独立した国家であることを意味しているわけ
でして、必然的に外国為替市場での通貨の取引状況がその国の置かれている状況を映し出します。


当然のことながら経済的に強い国に対しては沢山の投資が入りますので、その国の通貨は買われます。
反対に経済が弱い国に対しては投資は集まりにくいので、その国の通貨は買われにくいです。


ちなみに為替を変動する要因は経済だけではありません。政治、社会情勢、文化、風習なども通貨の価値
を大きく左右します。こういった情報を入手することがインターネットの普及によって簡単になりました。 


例えば日本から遠く離れた国で起こった事件や国としての問題が生じた場合でもインターネットにより瞬時
に全世界に配信されますので、以前よりも為替変動がより一層激しくなったことは言うまでもありません。


 

また、これまで全く気にも留めなかったようなことで為替が一時的に大きく変動する場合もあります。こうし
た国の政治、経済、社会が変化することによって、将来的な損失を被る要因をカントリーリスクといいます。


ですので、海外の通過に投資する以上は投資する国の政治、経済、社会情勢を把握する必要があります。
テクニカル指標だけで為替変動の変化を捉えながら取引することもできます。


 

しかし、やはり、カントリーリスクとなる要因を無視して取引すると、やはり、だましが多くなります。面倒かも
しれませんが、カントリーリスクをしっかりと理解されたうえで取引されることをオススメします。

 カテゴリ
 タグ

割高な為替手数料が外貨預金の元凶です


ありがたいことにFX会社の顧客獲得競争が激化しているおかげでFXの取引コストは年々低下してます。
実際にFXの店頭取引の場合は手数料が無料のところが圧倒的に多いです。


実質的なFXの取引コストはスプレッドになります。スプレッドは取引業者によっても異なりますし、取引
する通貨によっても異なりますが、ユーロ・円で2銭前後が平均のようです。


スプレッドは外貨預金でいうところの為替手数料のようなものです。銀行で実際に外貨預金した場合は、
TTS・TTBという銀行独自の為替レートで外貨が交換されることになります。


ちなみにTTSは銀行が顧客に対して外貨を売るレートで、一方のTTBが銀行が顧客から外貨を買うレート
です。例えば仲値を1ユーロ=125円とした場合はTTSは126円50銭(仲値+1円50銭)となります。


一方、TTBは123円50銭(仲値−1円50銭)となります。このときのスプレッドは3円になります。これは
FXの約100倍です。例えば1万ユーロを買った場合のコストはFXの場合は500円前後です。


これに対して大手都市銀行で外貨預金の場合は3万円となります。このように外貨預金とFXとでは比較
にならないほどFXの方が割安に設定されていますので小さな利益を積み上げる取引が可能です。

 カテゴリ

投資の勉強のしすぎには注意しましょう


日本では未だかつてないほど投資熱が高まっています。世界経済が大きく後退したことにより景気が
悪化している中で、財政悪化、年金問題などで先行きに対する不安が広がっています。


このため、自分の身は自分で守るという人が着実に増えているわけです。実際に投資に関する書籍
は多数出版されています。ビジネス書のコーナーの中でも平積みになっているものが多いです。


また、ネット上では投資に関するサイトが無数に存在します。街をあるけば証券会社や銀行の広告が
いたるところで目につきます。そうした中で投資を実際に始めるとなると躊躇してしまいます。


やはり、難しいというイメージが強すぎるため、「自分には無理だ」と諦めてしまう人も少なくなりません。
また、実際に始めても、とにかくリスクに対して過剰に構えてしまい、取引自体を難しくします。


失敗したくないという思いが強すぎるきらいがあります。また、必要以上に勉強しすぎるとかえって迷い
が生じることになり、適切な投資判断が下せなくなる傾向が強いです。


投資の勉強はいうまでもなく大切ですが、生きた知識が必要なのであって、受験勉強のような詰め込
むだけの知識では中々上手くいきません。これも失敗したくないという気持ちの現われです。


しかし、投資というものは将来のリターンを期待して行うものですし、未来のことは誰にも分かりません。
失敗を乗り越えないと前に進めませんので、こうした点を意識しながら勉強し実戦されると良いでしょう。
 カテゴリ
 タグ

ユーロ債の為替リスクを避ける方法

2008年の7月までは160円台にあったユーロが既に120円台に

まで下落しています。世界的な金融危機による今回の暴落により、
外債で長期で運用している方は心配されていると思います。

 
 
 
外債は利回りが高い上にリスクが低いとされているため、外貨商品
の中でも人気が高い商品の一つです。
 
 
 
しかし、満期を迎えるまで数年保有するので、その間に今回のよう
な歴史的な大暴落を繰り広げる状況下では満期を迎えた時点で
大きな為替差損が発生する可能性が高いです。
 
 
 
なので、せっかくの高利回りも、大きく為替が動くと吹っ飛んでしまう
ので、こうした点を十分注意する必要があります。
 
 
 
今回は既にユーロ債などの外債に投資されていて為替差損を避け
るための方法について簡単ではございますが解説させて頂きます。
 
 
 
ユーロで償還されることを前提の上でお話を進めさせていただきま
すと、この場合は2つの方法を取ることができます。
 
 
 
「償還後にまた同じ外債に投資する」か、「円に換金せずにユーロ
のまま保有してしばらく様子を見る」の2つです。
 
 
 
一般的に行なわれているのが前者です。高い利回りが期待できる
ので再投資することで為替差損を避けることができますし、満期を
迎えるときには為替が回復している可能性も十分あります。
 
 
 
もしかしたら近い将来お金が必要となる可能性がたかいのであれ
ば後者のユーロで保有して様子見に徹することをおススメします。
 
 
 
もし、お金が必要となる場面に遭遇したら換金し、そうでなければ
為替が回復するのを待ちます。
 カテゴリ
 タグ
さらに詳しく調べる
Google


 検索例  

FX スプレッド 比較 などと入力

メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム


btn_msg.gif
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FXから始める外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。