FX会社を選ぶポイントのカテゴリ記事一覧

FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:FX会社を選ぶポイント

FX会社を選ぶポイントのカテゴリ記事一覧。FXを中心に外国為替取引を行うために外貨投資の基本を解説した外貨投資入門サイトです。
No Image

FX会社を選ぶポイント
基本的にFXは書庫金取引なので小額の資金、例えば5万円程度の資金からでも十分取引することができます。FX会社では取引単位が決まっていまして多くが1万通貨から取引可能…

記事を読む

No Image

FX会社を選ぶポイント
FXは株よりも取引手数料が割安とされています。実際にFXの売買手数料はゼロ円です。しかし、FXには見えないコストがあります。それがスプレッドです。スプレッドを考慮し…

記事を読む

FXは小額資金から取引できるというけれど一体いくらくらいから取引を始めるべきか?


基本的にFXは書庫金取引なので小額の資金、例えば5万円程度の資金からでも十分取引することが
できます。FX会社では取引単位が決まっていまして多くが1万通貨から取引可能となっています。


1万通貨とは、ドルであれば1万ドル、ユーロであれば1万ユーロとなります。5万円の資金で取引する
のであれば、レバレッジは20倍で1万通貨を取引することができるわけです。


また、FX会社によっては1000通貨単位で取引できます。この場合さらに少ない資金からでも取引でき
ますので、リスクを大幅に抑えてFX取引を始めることができます。


そして、レバレッジをかけることによって大きな取引が可能となっています。例えば当サイトが推奨させて
いただいているサイバーエージェントFXの場合はレバレッジは最大200倍です。


5万円の証拠金で1ドル=100円の時であれば10万ドルのポジションを取る(手数料等は含みません)
ことができます。しかし、これではマージンコールを飛び越えて一瞬でロスカットがかかってしまいます。


ですので、前回も説明させていただいたとおり、30万円から50万円程度の運用資金を確保されてから
取引されることをオススメします。小額の証拠金で取引するのが悪いといっているわけではありません。


ぎりぎりの証拠金ではわずかな為替変動にも過敏にならざるえなくなります。これでは精神的にも苦しい
取引を虐げられることになりますので、おすすめすることは正直できません。


極端に少ない証拠金では迷いが大きい状態で取引することになりかねませんので、後悔しないためにも
運用資金には余裕を持たせておいた方が良いでしょう。もし、すぐには用意できないのであれば上述した
通り1000通貨単位から取引を始めればリスクを抑えて取引することができます。


さらに運用資金に余裕を持たせることができれば、ドル円だけでなく、ユーロ円、豪ドル円といった具合に
分散して投資することもできます。そうすることでさらにリスクを抑えながら投資効果を高められます。
 タグ
FX 

FX会社はスプレッドで選ぶべき理由とは?


FXは株よりも取引手数料が割安とされています。実際にFXの売買手数料はゼロ円です。しかし、FXに
は見えないコストがあります。それがスプレッドです。スプレッドを考慮して取引する必要があります。


株の場合は1つの銘柄に対して値段は一つだけですが、為替の場合は「売値」と「買値」の二つの価格
が提示されます。毎日テレビのニュースでは「本日の外国為替市場は90円40銭から45銭で取引され
ています。」といった具合に相場の状況をアナウンスされています。


この場合は買値が90円40銭で、売値が90円45銭という意味です。ちなみに買値をビット(Bid)といい、
売値をアスク(Ask)といいます。そして、この二つの価格を2ウェイプライスといいます。


最初のうちは、どちらがどちらか混乱します。ですので、提示された価格のうち高いほうが買値で、安い
方を売値と覚えておくと良いでしょう。このスプレッドがFX会社の利益となります。


ですので、高く買わされて安く売らされるのは仕方がないわけです。スプレッドは売値と買値の差です。
スプレッドからFX会社は利益をあげるので取引する側からすればコストになるわけです。


上述した例で1ドル=90円40銭−45銭のときに買うと買った瞬間に5銭の損失がでることになります。
つまり、買ったときよりも5銭値上りしてプラマイゼロになるわけです。これは売りの場合も同様です。


外貨預金の場合は為替手数料がスプレッドにあたりますが、米ドルで片道1円程度です。つまり、2円
以上相場が動かないと利益がだせないわけです。ですので、外貨預金は危険なんです。


一方、FXの場合は固定で1銭程度の業者が今現在沢山あります。1ヶ月に数回程度売買する方の場合
スプレッドに関してはそれほど気にする必要はありませんが、頻繁に取引する方の場合は最重要課題
となりますので、FX会社を選ぶさいにはスプレッドを重視する必要があります。

さらに詳しく調べる
Google


 検索例  

FX スプレッド 比較 などと入力

メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム


btn_msg.gif
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FXから始める外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。