今回は日本と米国の年度末に為替相場の変化について誠に簡単ではございますが、解説させていただき
たいと思います。まず日本の企業についてですが、日本企業の多くが決算月が3月、半期決算が9月です。


このため、3月末、9月末にレパトリ(資産が戻るという意味)が発生しやすくなります。つまり、この時期に
海外で投資している資産を決済して円に交換する企業が多いため、円が買われ円高が進みます。


一方、米国の企業についてですが、一般的に多くの企業が決算月を12月に設定しています。しかし、欧米
ではクリスマス休暇が控えているので、早い段階で決算を終えます。このため、11月後半から動きます。


欧米の企業が海外で投資している資産を決済して自国の通貨に交換されることにより、ドルが買われやすく
なるので必然的に円が売られやすくなりますので、円安が進むことになります。


そして、アメリカでは米国債の償還が2月に行われます。償還とは満期を迎えて運用していたお金が返還
されることです。このため大量のドルが支払われるので必然的に円高傾向が進みます。


こういったことは今年だけとか、去年だけというわけにいきません。毎年例外なく行われますので予め把握
することによって、優位に取引することができますが、注意しなければならない点があります。


やはり、この時期は波乱含みの展開が続きます。特に波乱含みになることを意識して仕掛けてくる大口の
動きに翻弄される可能性もありますので、簡単そうにみえて安定した取引が難しいです。


ですので、この時期は全く何もせずに相場を眺めるか、逆に短期売買で積極的にリスクをとって投資する
か、いずれかを選ぶ形になるわけですが、同じことを考えている人がいることを意識する必要があります。