【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」


外国為替市場では米ドルについて取引量が大きいユーロですが
米ドルの動きに大きく影響されます。


そして、その動きが各国の通貨にも波及していくことになるほど、
ユーロと米ドルの動きを把握することは重要視されています。


今回は米ドルとユーロの関係について簡単ではございますが
解説させていただきたいと思います。


ユーロは1999年に、前進であるECUと1対1の交換率で登場
し、そして、EUCからユーロに呼び名が変わりました。


一般的に、世界各国の為替レートは基本的には1米ドルにつき
○○円、○○ポンドというような形で、あくまでも1ドルに対する
各国通貨建ての為替レートという形で公表されます。


しかし、ユーロの場合はこれとは逆に、1ユーロに対して何ドル
か、という表示が行われています。


こうした表示の仕方からも、今後ユーロがドルと並ぶ基軸通貨
に将来的になるとする意気込みが感じられます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



ユーロがこれまで買われて来た背景には、ユーロが米ドルと
ともの基軸通貨になると期待感が広まっていたからです。


そして、驚くべきことにユーロはGDPにしてアメリカに次ぐ世界
第2位、人口ではアメリカを上回る巨大経済圏です。


それだけ強力な経済力を背景にある通貨ですから、ユーロに
対する期待感が高まるのも無理ないかもしれません。


そして、中国をはじめとするアジア諸国の間でも、外貨準備に
ユーロを組み入れることを表明する国も存在します。


しかしアメリカにとってはユーロが力をつけることに対して脅威
をを感じる部分が多いにあるはずです。


クリントン前大統領は、ユーロが誕生した当時、「新しい欧州の
経済的役割に期待する」とのコメントを発表しました。


このため、クリントン前大統領の胸中を察するに、欧州に対し、
複雑な思いがあったに違いありません。


しかし、サブプライム問題以後、あらためて、米国経済の影響
の強さを思い知らされることになりました。


今後は各国とも、同じよな過ちを犯さない為に、米国経済への
依存度を低下させる動きが活発化すると思います。


【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!